そもそも地デジアンテナとは何?謎を一発解決

アナログ放送からデジタル放送へ移行して数年たちましたが、地上デジタル放送の良い部分はあまり知られていません。画質が綺麗なのは知っていても、それ以外は知らないことだらけ。データ放送の利点を生かすと、テレビ視聴も便利になります。

では、地デジとはなんなのでしょう。ゴーストやノイズがないのは、本当なのでしょうか。アナログテレビは、まだ使えるのでしょうか。ぜひ地デジのメリットを知り、日々のテレビライフを充実させてください。

地デジの役割や接続方法は?アンテナ工事とは?

地上デジタル放送は、従来のアナログ放送から2011年に完全移行しました。アナログ放送のVHF電波の周波数帯は、利用枠に空きがなかったため、空きがたくさんあるUHF電波を利用したデジタル放送へ変更されました。
アナログ放送用のテレビでも、チューナーを使用すれば視聴できますが、アンテナは別に設置する必要があります。

以前は屋根の上からケーブルを伸ばしてテレビへ接続する、という方法しかありませんでしたが、デジタル放送の特性から受信できる方法が増えたため、本体や周辺機器のバリエーションが豊富になり、それとともに工事の方法も変化してきました。地デジでは電波の強さにより、従来の屋根の上に設置するタイプから、家の壁・軒下・屋内に取り付けられる平面タイプ、室内アンテナでも視聴が可能です。屋根の上に設置する工事は、高所での作業を行う資格と、熟練の技術が必要ですが、平面タイプや室内アンテナは自分で取り付けることもできます。

地デジを観るために必要な道具や工事とは?

地上デジタルチューナー内蔵テレビを1台だけ使用する場合、屋根の上・屋外・屋内・室内のUHFアンテナから伸びた同軸ケーブルを、テレビの端子に挿せば、それだけで視聴できます。2台以上のチューナー内蔵テレビを使用するなら、分配器という電波を必要な数にわける機器を取り付けます。

住んでいる場所が電波の弱い場所だったり、テレビの数が多い場合は、ブースターという受信した電波を増幅する機器が必要となります。分配器やブースターはテレビの近くにある必要はなく、同軸ケーブル上ならばどこでも取り付けることが可能です。

アナログテレビではデジタル放送をそのまま見ることはできませんが、専用のチューナーを使用すれば、画質は劣化するものの視聴することはできます。見落としがちなのは、チューナーに同梱されているB-CASカードで、暗号化されたデジタル信号を視聴できる形に変換するため、必ず必要となります。忘れずに専用スロットへ入れてください。

地デジが観れるようになって出来ることとは?

地上デジタル放送は、「デジタル」という言葉からわかるように、情報を「0」と「1」の数字に変換して、電波で送信しています。アナログ放送でみられたノイズやゴーストはなく、「映るか・映らないか」のどちらかしかありません。映像や音声をデータ情報として送信するため、標準で字幕や解説などの文字情報も見られます。

テレビ番組表や番組の解説、交通情報や天気予報、ニュースを表示したり、高齢者や障がい者向けのサービスとしての文字情報、テレビのリモコンから入力可能な視聴者参加型のクイズやアンケートを、リアルタイムで実施する番組を放送することもできます。

その上、テレビに写ったものをテレビ画面から購入できるショッピング情報、持ち株を登録して動向を追跡するサービス、子供番組と連動したゲームなど、テレビを利用したサービスは進化し続けています。また、ワンセグ放送といわれる、携帯電話でテレビ番組を視聴できるのも、デジタル放送の恩恵です。

この記事をシェアする