壁付けアンテナの価格は?通常のアンテナとどのくらい違うのか

アンテナと言っても屋根上に設置する、魚の骨の様な形状をしたものだけではありません。

壁付け型といって、屋根上やベランダ設置が難しいケースにも対応している種類があります。
スタイリッシュな形状をしている事が多いので、デザインにこだわりたいと思っている方にも最適です。

しかしそのタイプを購入するに当たって注意すべき点はあるのでしょうか?
事前に確認すべき事項や、価格帯の違いについて知っておけば、設置後のトラブルを回避出来るでしょう。

基本的な設置工事にかかる費用

地デジ放送を閲覧する為には、単にテレビを購入すれば良い訳ではありません。

賃貸住宅などであれば、既に建物側で工事を済ませているので、テレビを配線すれば良いのですが、新築の際は自身で設置工事が必要です。
その施工を依頼する際の価格は、ややバラつきはありますが5万~7万円の範囲が多い様です。

ちなみにここで言う、スタンダードな施工というのは屋根上やベランダにアンテナを設置した場合を指します。
もちろんアンテナや部材費も入っているので、この費用を支払えば有料番組を視聴しない限り、追加で料金が発生する事はありません。

しかし業者へ依頼をするのでは無く、自身で設置すると考えた場合は、どのくらいの料金になるのでしょうか。
製品の種類や、細かな部材によっても異なりますが、約4~5万円程度だといわれています。

これは基本的な配線のみになるのでブースターや、分配器を設置する場合には、もう少し費用がかかると思っていて良いでしょう。

壁付けタイプはなぜ人気なのか

テレビアンテナを設置する際に、一昔前であれば魚の骨の様な形状をした製品がスタンダードでした。
それを屋根上や、ベランダの手すり辺りに設置していましたが、住宅の形状やタイプによっては、そのアンテナが似つかわしくないケースもあります。

特に洋風、欧風の住宅になると屋根上にあるのがアンバランスになり、著しく外観を損なうと言う場合もあります。
そんな時にお勧めなのが、壁付けタイプのアンテナです。

このタイプは色も豊富なので、住宅に合わせて目立たない様に設置が可能な為、人気を呼んでいます。

また設置方法も壁に固定すれば良いので、屋根上やベランダといった高所に登る必要もありません。
そういった手軽さもあり、このタイプの製品を設置してくれる業者も増えているとの事。

もちろん、自身で設置する場合もこのタイプの製品は簡単に設置出来ると言われています。
購入に関してもホームセンターや家電量販店、ネット通販と様々な場所で手に入れる事が可能です。

両方のアンテナ費用を比較!

通常のアンテナと壁付けタイプを設置するなら、アナタはどちらを選択しますか?
これまでの説明だけならば、壁に付けるタイプが良いと思うかも知れません。

しかしこのタイプは、価格がやや高いのがネックでもあります。
スタンダードなタイプが3000~7000円程度に対して、壁付けのタイプは9000~2万円程度になります。

その為、ケースによっては倍以上の部材費が発生します。
また固定につかう部材に関しても、多くのものが同じものを流用出来ますが、機種や型式によってはそのアンテナ専門の部材が必要になる場合もあります。
そうなると更に多くの費用が発生するでしょう。

調べた結果、通常の製品であれば5~7万程度の施工費ですが、壁に取り付けるタイプだと6~10万円程度になりますので、それぞれの特徴やデメリットを把握した上で取り付けるのが良いですね。
ちなみに自身で取り付ける場合は、部材費を含めて5~7万円程度で取り付けが出来ると考えた方が良いですね。

この記事をシェアする