壁掛けアンテナの設置のメリットデメリット

戸建住宅における一般的なアンテナの形状は、屋根の一番上の目立つ場所に設置されています。よくみかけるタイプですが、その形状とデザインも変化をとげており、最近では壁にかけるタイプを見かけるようになりました。

壁掛けタイプは、少し小さなパネルの形状で家の側面に設置され、中には50センチ四方の小さなものまであります。見た目はかなり異なりますが同じアンテナです。では、どのような性能や設置工事の方法などがあるのか、その違いから特徴を探ります。

壁掛けアンテナの種類はどのくらいあるのか?

壁掛けアンテナは一般的な屋根の上に設置されているものとは異なり、いくつかの種類があります。また、メーカーにより形状も異なります。長方形のパネル型のものもあれば、まるでエントランスの照明器具のようなデザインもあります。デザインだけでなく、奥行き(厚み)にも違いがあるので、設置場所によってはサイズも考えておいたほうが良いでしょう。

また、色もバリエーションがあるので、壁の色に合わせて選ぶこともできます。このように戸建住宅のデザインの多様化により、周辺の機器にもデザイン性が求められるようになりました。住宅にもさまざまな形状があるように、アンテナも家のデザインや形状、色に合わせて種類が豊富になりつつあるのです。

壁掛けアンテナのメリット

地デジ用の壁に設置するタイプにはさまざまな種類がありますが、そのメリットで最も大きいのは、やはり「目立たない外観」でしょう。屋根の上に設置しないため、住宅のデザイン性を損ないません。

住宅の中にはこだわった外観で作られたものがあり、一般的なアンテナでは似合わない場合もあるかもしれません。屋根の上に建てられることから、従来のアンテナではどうしても目立ちますし、強度を維持するために屋根などに穴をあけることもあります。もちろんプロが行う工事ですが、新築の家ならばためらう気持ちもわからなくはないでしょう。住宅全体のデザイン性と美観を損なわず設置できることは、大きなメリットと言えます。

また、屋根に設置するタイプの場合、地域によって風や雪などの影響を受けやすいこともあります。微妙な調整が必要なアンテナは、設置の位置や強度が特に重要です。壁に設置することができれば、天候による被害も軽減できる可能性があるのです。

壁掛けアンテナのデメリット

では、壁に設置するタイプのデメリットとはどのようなものでしょうか。

よく言われるのが、一般的なアンテナとは異なり受信する感度が弱い点です。衛星放送などとは異なり、電波塔の方向に高い建物が建てば、それが障害物となり受信しにくくなります。壁に設置するアンテナは屋根よりも低い位置にアンテナを設置するため、屋根の上よりはどうしても電波の受信が弱くなってしまうのです。ただ、最近はブースターを設置して補強したり、ブースターが内臓されているタイプがあったりと、デメリットをカバーできるものも登場してきています。

また、構造上の理由から、屋根上に設置する一般的なアンテナよりも価格が割高になってしまうのもデメリットとも言えます。ご自身の予算や環境に合わせたものを選ぶ必要があるでしょう。

まとめ

デザイン性に優れた地デジ用の壁掛けアンテナのメリットとデメリットの両方をご紹介しました。設置の場所や立地条件などにより、その性能も変化します。デザイン性や性能で選ぶのも大事ですが、設置場所や住宅環境も検討したうえで、総合的により良いアンテナを選ぶようにしてください。

この記事をシェアする