ベランダで地デジアンテナ工事を実施する場合の注意点

集合住宅にお住まいの方に人気のある、ベランダに設置するのに適してるタイプのアンテナについてご紹介していきます。ベランダならではの利点や注意点などを見て、アンテナ工事の参考にしてみてください。特に注意点はしっかりと把握しておくと、スムーズに作業を進めることができますし、安全に工事を行うことができますので、忘れずにチェックしておきましょう。お得に設置することもできるかもしれませんよ。

ベランダにアンテナ設置することの利点

地デジアンテナ工事で使用するアンテナは、屋根の上の設置に適しているもの、壁面の設置に適しているもの、ベランダの設置に適しているものなどさまざまなタイプがあります。屋根の上や壁面に設置するタイプのものとベランダに設置するタイプのものの大きな違いは、自分で取り付けることができるかどうかです。屋根の上や壁面に設置するタイプのものは、自分で取り付けることが難しく、高所作業も多いため素人では危険なこともあります。

一方、ベランダに設置するタイプのものは、自分でも取り付けることが簡単にできます。屋根や壁面に取り付けるタイプにものよりも比較的安価で軽量で小型なので、素人でも扱いやすく、安全に作業をすることが可能です。アンテナによっては取り付けるための部品が一緒に入っているアンテナキットもあります。そのため、専門の取り付け業者にアンテナ工事を依頼する必要がなく、当然工事費もかかりません。

アンテナと必要な機器や部品などを購入するだけですので、業者によるアンテナ工事が必要なタイプのものよりも費用がかなり安く抑えられることも大きなメリットです。電波を増幅させるブースターが内蔵されたタイプのものもあり、快適にテレビを楽しむことができます。自分で簡単に取り付けられるという点では室内アンテナも同じですが、室内アンテナは電波レベルがあまり良くないことが多く、電波障害がおこりやすいため、それを主軸として使っていくのはあまりおすすめできません。

適しているアンテナの種類

ベランダに設置するタイプのアンテナは、ほとんどの場合、マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方が使用します。一戸建てにお住まいの方は屋根の上や壁面、屋根裏などに取り付けることが多いようです。マンションなどの集合住宅は、一戸建ての場合と違い、そのマンション独自の管理規約などのルールがあります。なので、そのマンションによってはアンテナの取り付けができないことがあるのです。

集合住宅のベランダは、個人の所有物ではなく共有施設という位置づけになっていて、災害時などの避難などにも使われますので自由に何でも置いて良いというわけにはいかないようです。ベランダに設置するタイプのアンテナは柵などに取り付けられる小型のものが多いので、設置に問題はないのですが、マンションによってはダメなことも少ないケースではありますが、ないわけはありませんので事前に確認しておいたほうが良いと思います。なるべく自宅のベランダに合わせて、邪魔にならないような形状のものを選んでください。

また、電波状況も考慮してアンテナを選んでください。あまり電波レベルの良くない環境では受信性能の良いアンテナや、ブースター内臓のアンテナを選ぶと、安定してテレビを楽しめると思います。もし、それでも映りが安定しない場合は、使用しているケーブルの長さなどを調整してみてください。必要以上に長かったり、劣化していたりすると映りが悪い原因となってしまいます。適しているアンテナを選んでいたとしてもケーブルに問題があれば当然映りが悪くなりますので、アンテナ以外も注目してみましょう。

ベランダのアンテナ設置は自分でできる?

集合住宅などのベランダでの地デジアンテナ工事は、屋根の上などのアンテナ工事に比べると簡単で、自分で行う方も多いです。しかし、周辺環境などの状況によっては、適しているアンテナの向きや設置位置などの少しの違いで上手くいかないこともあります。いろいろ試してみて、それでも上手く映らないようでしたら、専門の業者にお願いしましょう。電波レベルなどの細かい調整は素人には難しいので、そんな時は諦めが肝心です。

自分で取り付ける場合、アンテナを購入する時は、個人で簡単に取り付けることのできる機種のものを選んでください。さまざまに種類がありますが、中には個人で取り付けるためにひつようなものが一緒にはいっているものもありますので、できるだけ簡単に固定できる機種を見つけてみましょう。

自分でベランダに取り付けることができるかどうかと言われれば、取り付けることはできます。しかも、屋根の上や壁面に取り付けるタイプのものよりも簡単です。ただし、簡単だからと言って、何も知識がないまま行うと時間と手間がかかってしまいますし、落下の危険もあります。取り付ける日の天候なども充分に考慮して慎重に取り付け作業をしてください。

途中まではできたのにその先がうまくいかないというケースでは、わからない部分だけ業者に依頼するというもの一つの手段です。自分の手でできるところまではやってみて、躓いたらプロに相談してみましょう。この方法なら全て自分でできるかもしれないし、できなければできないで業者に頼れば良いだけなので気が楽なのではないでしょうか。

注意したいこと

個人で地デジアンテナの取り付けを行う時に、一番気を付けたいのが電波です。なかなか個人では電波状況の善し悪しはわかりません。お住まいのご自宅のある場所が電波塔から遠かったり、障害物が多かったりすると電波が弱くなってしまうことがありますが、素人では正しい判断ができませんよね。電波が弱いと、ブースターの設置が必要だったり、初めから内臓されているタイプのアンテナを購入する必要があったりするのですが、原因がわからないと対処法もわかりません。

もしなかなか映らなくて、原因が電波なのかもしれないと感じたら業者に電波測定を依頼してみてください。業者によっては無料で行ってくれるところもあるようですので、原因がわからないまま右往左往するよりはプロの力を借りてサッと終わらせてしまいましょう。

取り付け作業中の注意点としては、屋根の上の作業と比べれば安全に見えますが、ベランダでも高所は高所です。アンテナや部品、周辺機器などの落下の恐れもありますし、転落事故もないとは言えません。ベランダで柵があるからと油断せずに、充分に安全に配慮して作業を進めてください。できれば一人で作業を行うのではなく、家族など複数で作業を行うことをおすすめします。作業がスムーズに進むということももちろんですが、二人以上で作業をしたほうが落下などの危険性も少なくなると思うからです。ベランダもあまり広い場所ではありませんので、2人か多くても3人くらいがベストなのではないでしょうか。

まとめ

ベランダでのアンテナ工事についてさまざまな角度から解説してみました。結果としては、ベランダに設置するタイプのアンテナは自分で取り付けが可能なのですが、慣れてなく、自信のない方は専門の業者に依頼してくださいね。あまり難しくないとは言うものの、苦手な方は無理する必要はありませんよ。

このような作業が得意な方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。ベランダでの作業なら比較的安全に行うことができますので、初心者でも安心です。