室内に置けるテレビアンテナを紹介

従来からあったアナログ放送では電波環境が悪くなるとテレビの映像が二重、三重に見えるゴースト現象や画面がチラいたり、雨が降っているようになるなど受信が不安定になることがありました。

地デジ放送の場合は一定のレベル以上の電波を受信できればクリアーな映像が映りますが、それ以下の場合は全く映像が映らなくなるという特徴があります。
そのために室内で地デジを見るためにアンテナを置く場合は電波の強い地域ではあまり問題ないですが、電波の弱い地域では見ることが出来ない場合もあります。

屋外アンテナと室内アンテナとの違い

地デジ放送をテレビで見るために設置する屋外アンテナと室内アンテナの一番大きな違いは、かかる費用が全く異なってくることです。

屋外アンテナではアンテナ設置にかかる工事費用と屋内配線のケーブルなど費用が掛かります。
しかし室内アンテナの場合は設置工事も必要なく、ケーブルも負担になるほどはかかりませんので、経済的事情で室内アンテナを求める人が増えてきています。

また、屋外用アンテナを室内で使った場合は必ずしも感度が良くなるとは限りません。
地デジに使う電波は極超短波で、建物自体に反射する特徴があり、木造か鉄筋コンクリートかにより受信できない場合もあります。

室内用アンテナは屋内で乱反射した電波を拾いやすくしている構造で形も屋外用とは異なっています。
居住地域の受信環境によりますが室内アンテナも十分視聴できるのです。

室内アンテナでテレビを見る時の条件

室内アンテナで地デジを受信する場合、電波の強さが十分であれば視聴可能です。

居住地域の受信環境が整う事が条件になります。
室内アンテナは八木式アンテナのように大きく場所をとるものと違い、デザインアンテナとも平面アンテナとも呼ばれている薄型のものが多くなっています。
このデザインアンテナや平面アンテナは屋外はもちろん、室内でも設置でき、受信できるように作られているのです。
アンテナ自体はコンパクトに出来ているので置き場所を自由に動かせます。
部屋の中で最も電波の強い箇所を選んで置くとテレビ視聴への影響は少なくなると思います。

何故室内アンテナを求めるのかと言うと、経済的負担の軽減と家の外見にこだわると言う理由があります。
八木式アンテナの場合は屋根の上やベランダで大きく場所を取るだけでなく、外観的に苦手な人もいるようです。
その点室内アンテナはデザイン性に優れ、家の外観をおしゃれに見せたい人におすすめのアンテナだと言えます。

デザインアンテナや平面アンテナを設置する家について

近年、デザインアンテナや平面アンテナなどの室内アンテナを設置する家が多くなってきています。
大きな理由の一つとしては、前述で少し説明したように家の外観を変えたくない場合で、屋根や壁に設置すると家全体の雰囲気が変わってしまうからというものがあります。

また、風雨による経年劣化を防ぐためにも室内にアンテナを置きたいという人もいるようです。
そんな人気が高まりつつある室内アンテナですが、居住環境により電波が弱い場合は、人の動きでも電波障害が起きてしまいます。

そのような時はブースターを使って増幅して電波を強めることが必要です。
ブースター設置には別途工事が要りますが、費用は屋外のアンテナより安く抑えることができます。
テレビの受信環境が整っていればデザインアンテナや平面アンテナを考えるも選択肢の一つです。

テレビで地デジを見るための屋外UHFアンテナと室内UHFアンテナの一番大きな違いは、かかる費用が全く異なってくることです。

屋外アンテナでは設置工事費用と別途アンテナ配線のケーブルやブースター、分配器などに費用が掛かります。

しかし室内アンテナの場合は設置工事が必要なく、経済的負担が少ない事から室内アンテナを求める人が増えてきているようです。
地デジに使う電波は極超短波で、建物自体に反射する特徴があり、木造か鉄筋コンクリートかそうでないかによりブースターを接続して調整すれば視聴は可能になります。
居住地域の受信環境がよければ室内アンテナは有効な方法でしょう。

最近では家の外観がすっきりしたものを好む方が増えたため、外観を気にする人には八木式アンテナよりデザインアンテナや平面アンテナを求める人が多くなってきています。

この記事をシェアする