テレビが映らない!視聴方法の種類別に必要なアンテナ工事

日ごろ地上波を観ていますか?それともBS/CS衛星放送、ケーブルテレビをご覧になっているでしょうか?ここでは最近のテレビ視聴の種類と方法、工事の内容に触れています。もし、急にテレビが映らなくなったらどうしますか?真っ先に疑うのはテレビの故障でしょう。故障した場所を特定するために、テレビに近い場所から順に確認していきましょう。故障の場所がわかれば、修理のためのアンテナ工事が必要かどうかもわかります。自分でできる映らない原因の確かめ方なども紹介しています。

 

テレビ視聴方法の種類

テレビの視聴方法は、アンテナが必要なものと不要なものを合わせると今のところ三種類。UHFアンテナがあっても地上波デジタル対応のテレビでなければ、地上波デジタルチューナーが必要になります。

地上波以外の放送も視聴するなら、BS/CS衛星放送アンテナでの衛星放送。パラボラアンテナの工事と契約先のチューナーとの組み合わせで、視聴したい番組を選ぶPPVかチャンネル数で料金コースが決まる有料放送です。高画質であるハイビジョンか標準画質のどちらかを選択、ハイビジョンなら衛星放送に対応しているテレビを設置していることが前提になります。チューナーが入っているかどうかは、テレビリモコンにBS/CS切り替えボタンか4色のボタンがあるかで確認しましょう。

チューナーを設置し、料金やコースで視聴できるチャンネル数が変わるケーブルテレビは地上波の電波が届きにくい地域では標準になっています。アンテナ工事は不要ですが、ケーブルテレビ局との契約で外部からケーブルを家の中へ引き込む工事をします。賃貸の場合は、集合住宅用のケーブルテレビの配線が行われており、部屋にチューナーが設置されていなくても視聴ができるように配慮されています。

インターネットを利用したIP放送は個性的な番組もあり、ネット環境と端末さえあればアプリでも視聴が可能です。無料で配信されている動画もありますがケーブルテレビと同じく契約することで視聴でき、配信する会社によって番組の内容が違うので「見たい番組を有料で視聴する」スタイルが当たり前になってきています。

 

映らない原因を確かめる方法

家でテレビを視聴していて急に映らなくなった、台風一過で壊れたといった経験はありませんか。台風で映らなくなった場合は、アンテナが倒れていないとなると風で向きが変わってしまったとかケーブルやブースター、分配器などの故障が考えられます。台風でもないのに映らなくなったときは、テレビの故障、ケーブルの断線、分配器や分波器の故障、チューナーの故障を疑ってみましょう。普段はあまり触ることはないテレビへつないでいるケーブルの端子が壊れていることもあります。

どこが故障しているのかを突き止めるために、テレビの症状を確認します。衛星放送やケーブルテレビなら、チューナーの状態を確認します。コンセントは大丈夫か?主電源は入っているか?リモコンなどでいつものようにテレビをオンにしたら、画面がどうなっているのか確かめます。電源が入らず音もしない、変化がない場合はテレビやチューナーの故障を疑います。

意外に多いのがリモコンの電池切れです。電池切れでテレビやチューナーが正常に動かないこともありますので、テレビ本体でも電源を入れてみましょう。

電源は入るが映像と音声がないときはアンテナケーブルがちゃんとつながっているかを見ます。チューナーやアンテナケーブルの接触不良ということも考えられるので、ケーブルの抜き差しをしてみてください。そのときにケーブル端子に異常がないかを確認しましょう。無理に動かすのは厳禁です。

異常がなければ、ケーブルそのものが断線していないか見ていきます。ブースターの電源が入っているかを確かめます。アンテナが倒れていなければ、向きが変わっていないか近所のアンテナと比べます。衛星放送やケーブルテレビ局のホームページで、メンテナンス情報を見ておきましょう。もしかしたら情報が掲載されているかもしれません。

ここまで確認しても映らず、原因が特定できないときは専門の業者へ依頼しましょう。

 

映らない原因と対処法

テレビが映らない原因としてアンテナ系に異常がなければ、考えられるのはテレビ本体の寿命です。テレビもですが家電製品全般に言えるのは、時間経過とともに劣化するということです。テレビでは使っているうちに画面が色あせ、暗くなってくるのは避けられません。

長年テレビを使っていて買い替える場合は、同軸ケーブルなども新しく買い替えるのが無難です。テレビと同じく、ケーブルも経年劣化しています。テレビやアンテナケーブルが新しいのに映らないときは、初期不良や接触不良が考えられます。接続している部分を中心に点検しましょう。

故障と勘違いしやすいのは放送中継局のエリアが違う地域に引っ越したときです。チャンネルが合っていないと基本映りません。改めてテレビ本体でチャンネル設定を行う必要があります。アンテナがちゃんとつながっていることが条件になりますが、割と忘れやすいので覚えておくとよいでしょう。

アンテナを動かしてみて、映り方が変わる場合は向きを変えると改善されることがあります。電波の受信レベルが下がると全く映らなくなります。テレビを見ながらの調整になるので複数人数で行います。

その他に、少ない事例にはなりますが、アンテナケーブルと無線LANルーター、LANケーブルなど複数の回線や電波による干渉、近くに磁力が発生するようなスピーカーなどがあると画像の乱れが発生することがあります。映らなくなるというより、ノイズが出ます。他機のオン、オフで画像の乱れが出るか確かめて、もし干渉しているようならテレビから遠ざけておきましょう。

ある程度なら、自分で原因を見つけてその場で、または低費用で直すことが可能です。テレビ内部の故障やアンテナの故障は専門家に任せると安心です。

 

まとめ

テレビを視聴するには、アンテナを設置する方法と、なくても楽しめる方法があります。住んでいる家周辺の電波状況、自分がどんな番組を視聴したいのかでアンテナ工事の中身や設置方法が変わります。

テレビが急に映らなくなる、ノイズが出るようになったなどの症状には、必ずどこかに原因があります。経年劣化や台風などで故障することがあり、テレビの状態を見ながら疑わしい箇所を順に調べていきましょう。自分でチェックして原因を見つけることができれば、専門業者へもスムーズに修理を依頼できるのです。