地デジアンテナには分配器が必要な場合も・・

地デジアンテナから送られてくる信号は高周波信号で複数の機器に信号を接続したい場合、出力抵抗と入力抵抗を整合させるインビーダンスマッチングが必要になります。
1つの信号を2つの機器にそのまま繋ぐ事は出来ませんので、1つのアンテナ端子から2つ以上の映像機器に信号を供給したい時にこの分配器を使います。

映像機器というとテレビやDVDレコーダー、HDレコーダーなどの録画機器ですが、テレビ1台と録画器1台では録画機器の中に分配器が内蔵されているので特に設置の必要はありません。

地デジアンテナの配線で繋ぐ分配器の電源について

地デジを見るのに必要なUHFアンテナから受信機までを繋ぐ配線で複数の受信機器、映像機器へ信号を送りたい場合、1つの信号を同じ周波数で複数の機器に直接繋ぐ事ができないため、分配器というものを使います。

しかし分配した信号は分配数に応じて電波が弱くなる特徴があります。

分配器、分波器、ブースター、アンテナなどの機器がそれぞれ作動するためには電源が必要です。

受信機器や映像機器がアンテナやブースター、分配器、分波器などの機器の電源となっているケースが多いため、使用する分配器や分波器は電源が通過できる「通電型」を選ばなければいけません。

かつては分配器のアンテナ側の入力端子には通電対応と非対応のものがありましたが、現在でほとんどの分配器は通電可能な「全端子通電型」となっています。

分配器の特徴と種類

分配器の役割はアンテナから入力された信号を、同じ周波数のまま複数に分けて受信機や映像機器に繋ぐというものです。

しかし分配器を使うと分配数に応じて送る電波が弱くなる特徴があります。
分配器は増幅する機器が必要ないものとブースターや素子数の多いアンテナを使ってカバーしなければいけないものがありますので選ぶ際には注意が必要です。

また、将来の接続機器の増加に備えて分配数の多い分配器を使う場合、空き端子にはホコリや劣化を防ぐためにダミーの終端抵抗器を取り付ける必要があります。
空き端子をそのままにしておいても映りますが、不安定になる恐れがありますので処理しておいたほうがいいでしょう。

分配器と分波器の違いとは

地デジアンテナ配線での分配器はアンテナで受信した電波信号を同じ周波数のまま分配するものですが、分波器は地デジ放送とCS・BS放送のように周波数の違うものを区別してフィルターを通して分ける機器です。

分配器では電源が必要になり、分波器では必要ではない場合が多いです。
アンテナ配線での分配器や分波器、ブースターが受信機までの間に接続されている場合、アンテナまでの電源確保が必要になります。

間に1つでも通電できない機器が接続されていると作動できなくなってしまいますので、どの機器も「全端子通電型」のものを使用する事を薦めます。

最近ではDVDレコーダー、ハードディスレコーダー、ブルーレイレコーダー等の録画機器に分配器が内蔵されている事が多く、電波の減衰が少なくなりました。
電源確保の際に活用できるといいでしょう。

まとめ

地デジUHFアンテナから受信した電波を、アンテナ配線を使って受信機であるテレビや映像機器などに送る時に必要になる事を簡単に書き出してみました。

受信環境による居住環境や居住者の意向で電波信号を増幅するブースターや電波信号を同じ周波数のまま分配する分配器、周波数を区別して分ける分波器など、配線工事する場合に必要なものはいくつかあります。

その中でも分配器はアンテナからそれぞれの受信機までの距離が長くなる場合や受信した電波信号を複数の機器に接続したい場合の電源、電波信号減衰への対処、通電可能である事など接続の際に気をつけなければならないポイントが何点かあります。

ただ、前述にもあるように、録画機器に分配器が内蔵されているものもあり、購入する必要がないケースもあるため、購入する前に住居の環境に合わせて用意すべきものは何かまとめてみるといいでしょう。

この記事をシェアする