地デジ配線工事前までに抑えておくべき事項

新天地への引っ越しであったり、家にもう一台テレビを購入した場合であったり、従来の配線設備では対応ができないような場合に配線工事が必要になります。地デジの配線工事をどこに頼めばいいのかわからない方も多いと思います。

今回は、地デジ配線工事前までに抑えておいた方が良い項目についてご紹介します。

どの項目にコストがかかっているのか?

ネットで検索してみても、業者によって価格は様々で、どこの業者を選べばよいか迷ってしまうと思います。また、比較検討するにも業者により作業内容が異なる場合もありますので見た目の価格だけで判断しないように注意しましょう。

アンテナ工事費用には、アンテナ、ケーブルの他に、必要に応じてブースターや分配器などの機器費用の他に、それらを設置する工事費用があります。一般的に、アンテナ本体は20,000~、ブースターが40,000~、分配器が15,000~が相場になっています。設置環境にもよりますが、アンテナ工事全体の費用は50,000以上するようです。

このように、どの項目にコストがかかっているか把握しておけば、業者から提示された金額が妥当であるかどうか判断することができます。

追加費用となりやすい項目は?

地デジアンテナの配線工事において、アンテナの設置がメインになります。

電波が弱い地域であればブースターなどを設置する必要があり、ブースターの設置費用は別料金となることが多いようです。また、地デジとBSやCSを一緒にする場合に必要な混合器も別料金になることが多いです。

アンテナ機器以外でも、追加費用になる場合があります。アンテナ工事は、屋根の上であったり、壁面であったりなど、高所での作業が伴います。アンテナをより安定を持たせるために、固定器具が使うこともあるようで、追加費用となりやすいようです。

また、フラットなタイプのアンテナの場合にも、壁面に設置するためサイドベースと呼ばれる固定具を使用し、さらに電波の受信が弱い場合には、ブースター(増幅器)を取り付ける必要があります。そのため追加費用になる可能性もあります。

その他配線工事前に抑えておくべき事項は?

まず、アンテナを設置する環境を抑えておきましょう。まず、アンテナの方位を確認しましょう。正しい方角でないと受信レベルが下がります。特にBSやCSを設置する場合は、角度がずれてしまうと全く映らなくなります。その他にも、アンテナを設置する方向に障害物がないか確認しましょう。これも同様に正常に電波を受信できなくなったり、弱くなったりして別途ブースターの設置が必要となる可能性もあります。これらは、コンパスや周辺住宅のアンテナ設置方向である程度判別できますので、事前に確認しておくと便利です。

また、最近ではアンテナの設置工事などに保証期間を設けている業者もいます。やはり、屋外ということもあり、経年の劣化がしにくい器材や部品が必要なのは言うまでもありませんが、アンテナが倒れたり、折れたしまったりすることも考えられますので、トラブルにあった際の保証期間やどの範囲なら保証の対象なのかを確認しておくとよいです。

まとめ

このように、地デジの配線工事前に確認すべき項目があります。特に、保証期間や、追加費用など後々トラブルになりますいものもあります。一つ一つ確認することで、少しでも安く、そして長くテレビを視聴できるようになります。

この記事をシェアする