神奈川で可能なテレビ用のデザインアンテナが知りたい!

住宅街を歩いて気づくのは、屋根の上に設置する八木アンテナのない家が増えたことです。全国的なシェアは、電界強度にかかわらず安価に設置できる八木アンテナが上ですが、電界強度が安定している都心を中心に、デザインアンテナを選ぶ人が増えています。

小型化されていたり薄型だったりとスタイリッシュなデザインアンテナは、いくらくらいするのでしょうか。また、設置できる家とそうでない家の違いはなんでしょうか。

地デジのデザインアンテナの特徴と価格

受信機器の性能が向上するとともに、人気が集中しているのがデザインアンテナです。一見してそれとはわからない外観で、長方形のフラットなタイプが一般的です。強電界~中電界エリア向きで、一部、弱電界地域でも使用できることがあります。取り付け場所は壁付けや壁に直付け、ベランダや軒下、屋内の屋根裏や室内など、電波が安定しているエリアなら設置場所を選ばないのも人気の理由です。

このタイプの難点は、取り付けてしまうと可動域が限られるので、不具合の修正が大変になります。取り付けには外壁に穴を開ける作業もあり、防水加工を施すことができる、設置に慣れた信頼できる業者に工事を依頼してください。

一番、普及しているタイプは1万円ほどで、性能により2万円を超えるものもあります。最近では色を選べる機種もあり、さらにデザイン性が高い外観のタイプは5万円ほどのものもあり、豊富なバリエーションの中から電界強度と好みで選べるようになりました。

家電に詳しくない人でもわかるアンテナを選ぶ際のポイント

電界強度により使用するアンテナや周辺機器が変わるので、まずは自分の住んでいるエリアの電界強度を知ることが大切です。測定は専門家でないと難しいので、このエリアに精通している近所の電気店に問い合わせるのがお勧めです。電波の強さがわかったら、そこを目安に選んでいきましょう。気に入ったものを実際に設置できるかは、やはりプロに確認したいものです。

機種選定や取り付け場所は、プロとよく相談してください。このタイプは屋外用ではありますが、風雨や直射日光に弱く、取付金具は劣化しやすいので、この条件をクリアする場所と、電波の受信がしやすい場所から、その場所に馴染むデザインを選ぶことも大切です。

カタログや画像を見ただけで決めてしまい、いざ設置してみたら家の外観と合わなかった、ということもあり得ます。こういう点も、信頼できる業者に相談しながら決めていけば失敗がなく、満足のいく結果になるでしょう。わからないことは、プロの知識頼みが正解です。

これからの地デジ用アンテナのトレンドとは?

テレビを使用するのに欠かせないアンテナは、今や屋根の上から魚の骨のような鉄骨が消え、小さく薄い長方形のフラットタイプが人気となってきました。もともとは中電界エリアの条件が良い場所までしか使用できなかったデザインタイプは、性能の向上により、電波を増幅させるブースター内蔵タイプが発売されたことから、条件が良い弱電界エリアまで設置が可能となりました。

平面タイプと呼ばれる薄い箱のように見える形が主流で、ブースター内蔵のものは、上から見ると紡錘形だったり、本体の裏側にボックスが付いていたりしますが、表から見るとスッキリとしたフラットな形です。今後は更に薄く、さらに小型化していくことが予想され、目では確認できなくなる日も来るかもしれません。

一方、外灯のような形を模すことで、アンテナには見えない、更にデザイン性の高いタイプも発売されています。高額ですが、どうしてもこの形が良い、と購入する人も多いようです。

この記事をシェアする