4kテレビに変えたときに映らないチャンネルがあったらアンテナ工事が必要?

新4k放送が始まったのを期に超高精細映像の視聴に対応したテレビを購入した人も多いのではないでしょうか。

しかし、テレビをつないでみると「無料放送のはずなのに映らないチャンネルがある」「新しく始まった衛星放送の番組が視聴できるテレビに買い換えてから自宅の無線LANが不安定になった」「電子レンジを使うたびにテレビ画面が乱れる」など、いくつかの問題が生じているようです。

今回はなぜそんな現象が起こってしまうのか調べてみました。

4k視聴できないチャンネルを確認して原因を特定する方法

2018年12月に始まった新4k8kの超高精細衛星放送は、大まかに2種類に分けることができます。従来の衛星放送からの電波である右旋円偏波(右回りのらせん状の電波)で放送されるチャンネル(以下、右旋放送)と、新たに追加された左旋円偏波(左回りのらせん状の電波)で放送されるチャンネル(以下、左旋放送)です。

右旋放送のチャンネルと左旋放送のチャンネルでは受信する機器類の規格が異なるので、超高精細放送対応テレビを接続しても左旋放送のチャンネルが映らない可能性があります。さらに、映らないのが左旋放送のすべてなのか、一部だけなのかで原因が特定できます。

従来の受信設備でも、超高精細放送に対応したテレビを接続すれば右旋放送の番組は視聴できます。ですから右旋放送の番組は視聴できるのに左旋放送が映らない場合は、受信設備に使用されている機器類が左旋放送に適合していないことが原因だと言えます。左旋放送のチャンネルを受信するためには、アンテナからテレビの配線部分に使用されている機器のすべてが左旋放送に適合していなければなりません。

次は、左旋放送内で映るチャンネルと映らないチャンネルが混在する場合です。左旋放送で視聴できるチャンネルがひとつでもあると言うことは、右左旋対応アンテナが設置されています。これはアンテナが原因ではなくその先の配線部分に問題があると言えます。

この場合はアンテナで受信した電波がテレビに届くまでに減衰してしまうか、外部の電波と干渉していることが原因として考えられます。例えば家庭用の電子レンジが発生させる電磁波の周波数は2.45GHzなのですが、これは左旋放送で使用されている周波数帯の一部と重なっています。

受信設備に電波漏洩している箇所があると、そこから電子レンジや外部の無線機器の電波が入り込み受信障害を起こしてしまうのです。電波漏洩による受信障害が疑われた時は、アンテナ工事を施工した業者か総務省の中間周波数漏洩対策事業に登録している業者に相談しましょう。

全種類の4k放送を視聴するために必要な条件は?

ここでは、パラボラアンテナで右旋と左旋両方の衛星放送を視聴する条件についてとりあげています。ケーブルテレビ、インターネットの光回線を利用した視聴とは条件が異なりますのでご注意ください。

まず、右旋放送のチャンネルを視聴する方法ですが、この場合は従来から使用している衛星放送の受信設備に、4k対応チューナー内蔵の超高画質対応テレビを接続することで受信できます。

対応チューナーが内蔵されてない超高画質対応テレビは、対応チューナーをHDMIケーブルで接続することで視聴できます。この接続に使用するHDMIケーブルは、HDCP(著作権保護技術)と4k/60Hz入力に対応しているものでなければなりません。HDCP(著作権保護技術)と4k/60Hz入力対応のHDMIケーブルは、「ハイスピードHDMIケーブル」または「プレミアムハイスピードHDMIケーブル」として販売されています。

右左旋円偏波衛星放送で割り当てられたチャンネルをすべて視聴するには、新たに追加された左旋放送に対応した受信アンテナと受信システム、テレビ・チューナー、ケーブルが必要です。

アンテナは右左旋円偏波信号が受信できるBS・110度CSアンテナが必要です。アンテナで受信した電波をテレビまで送る受信システムは、2.2から3.2GHz(ギガヘルツ)の周波数信号に対応している必要があります。

受信設備で使用されている機器の中には、視聴するテレビの台数やアンテナからテレビまで通じるケーブルの距離(長さ)など、視聴環境の違いによって使用されない機器もあります。また、いままで使用していた衛星放送の受信設備を左旋放送に対応させる工事をする場合、アンテナの交換は必要になりますが、ケーブルやその他の機器類が左旋放送に適合しているものであればそのまま使うことができます。

現在の受信設備に適合品が使用され機器の交換が必要ない場合でも、悪質な業者になると工事価格をつり上げるために交換不要の機器もすべて新しいものに交換してしまうケースもあるようです。

受信設備の機器類が左旋放送の周波数信号に適合しているか判別するは、専門知識がないと困難です。中間周波数漏洩対策事業に登録している業者を選んだ場合でも、営業年数や工事実績、評判などは事前に確認しておきましょう。

右旋放送の視聴は、従来型の受信設備のままでも対応チューナー内蔵テレビで視聴可能。左旋放送の視聴にはアンテナを含めた左旋放送対応の受信設備が必要です。左旋放送のチャンネルが視聴できると言うことは右旋放送も視聴できると言うことになります。

無線の家電製品が視聴トラブルの原因になるケース

右左旋対応アンテナで受信した左旋放送の信号をテレビに送る際に、受信システムが左旋放送に適応していない場合、左旋放送の信号が漏れて他の無線機器と干渉し合うことがあります。特に、室内に設置されている受信設備が左旋放送の信号に適応していない場合、一般家庭で使用されている電子レンジ、無線ルーター、コードレス電話、スマートフォンなどの無線機器から出ている電波が4k放送の受信を妨げる原因になります。

日頃からテレビの画像が不安定だと感じているなら、電子レンジを使用するときに注意深くテレビ画面を観察してみるとよいでしょう。電子レンジの影響は住宅密集地の場合、4k放送の受信システムの配線場所が隣の家に近いと、自宅だけでなく隣家の電子レンジの影響を受ける場合もあります。

左旋放送の信号が漏洩すると、テレビが影響を受けるだけでなく外部の機器にも影響を与えます。「新4k衛星放送のアンテナ工事をしてから無線LANの接続が遅くなったような気がする。」「スマートフォンの電波が弱くなった。」このような症状が感じられたら電波漏洩の可能性が高いと言えます。左旋放送の信号が漏洩していれば、携帯端末をテレビの受信機器の近くで操作してみると電波の干渉による影響が出やすいので試してみるとよいでしょう。

電波漏洩の疑いが生じたら、直ちに原因を特定して対策を講じることが必要です。原因となっている機器が総務省の中間周波数漏洩対策事業の対象ならば漏洩対策工事の一部が助成される可能性があります。

総務省に指定事業者として登録されてないと助成金の交付申請手続きができないので、電波漏洩をチェックする段階で登録業者の中から選定しましょう。自宅に近い業者を探すには、総務省が公表している中間周波数漏洩対策事業の登録業者リストで検索することができます。

まとめ

超高画質の新衛星放送は従来設備のままで視聴できる右旋放送、適応する機器に変更が必要な左旋放送の2通りあります。左旋放送を視聴するには左旋に適応した機器にする必要があります。

さらに放送されているすべての衛星番組を視聴するためには、アンテナから壁面端子までの配線だけでなく末端のテレビにつながるケーブルまで、高周波信号で送られる超高画質放送に対応した品質のものを選ばなくてはなりません。

左旋放送に対応した受信設備の導入は、電波漏洩を防ぐことが最も重要です。この対策工事は条件を満たすと助成金が交付されます。超高画質対応の受信設備を導入する場合は、必ず中間周波数漏洩対策の登録業者へ依頼してください。

この記事をシェアする