テレビのアンテナ配線、 どんな工事なの?

UHFアンテナの設置業者を探すにはインターネットを利用したり、知り合いの電気屋さんにお願いしたりする方法があります。

都市部と山間部では電波の受信環境が異なるため、アンテナの種類や料金等にも差が出てくる可能性があります。
インターネットで申し込む場合は現地調査から見積りまでの流れをしっかり確認してから施工をお願いするといいでしょう。

ここでは、アンテナ設置と屋内配線との接続までの工事内容についてもう少し詳しく説明していきます。

業者にテレビアンテナの配線工事を依頼する場合の流れ

地デジ用UHFアンテナを設置してくれる業者を探す時、インターネットを活用して情報収集する方が多いと思います。
では、配線工事をお願いする簡単な流れについて説明していきましょう。

まずは、ある程度業者の候補が決めて、メールや電話で問い合わせをします。
大まかな見積りを聞き、現地見積り、電波環境の測定を踏まえて施工をお願いする事になります。
この時、複数の業者にお願いしておくといいでしょう。

アンテナ工事には大きく分けてアンテナ本体の設置と屋内のアンテナ配線の接続があります。
アンテナ本体の設置と言っても簡単に屋根の上に載せるだけでは雨、風、雪などの影響で倒壊してしまいます。
これを防ぐ対策としてアンテナの支線を張りしっかり固定します。
この作業を怠るとアンテナに負荷がかかり倒壊してしまいます。

設置が終わったらアンテナ配線と受信機との接続や複数のテレビに分器し電波が弱くなった時に必要であればブースターの取り付けを行います。
以上で施工工事は完了します。

テレビアンテナの配線工事でのポイントとは

UHFアンテナの設置に伴い重要になってくるのがテレビ配線の接続です。

八木式アンテナの場合、電波状況により22素子・14素子・27素子と使い分けて設置します。
一般的には20素子のアンテナ、電波が弱い地域では素子数の多い27素子のアンテナ、また電波が強い地域では14素子のアンテナか平面アンテナが使えます。

アンテナ配線の接続工事で受信機までの距離、複数の受信機への分器等で電波状況が低下する場合はブースターで増幅します。

ブースターでどれくらい信号を大きくする能力があるかを利得と言いdBで表します。
dBが大きいほど信号を強くしますので利得が分からない場合は利得調整付ブースターを薦めます。

またアンテナ配線用のケーブルはUHF対応のものに変えるのがベストです。
アンテナからの信号はアンテナ1端子から2台以上の受信機器に接続する場合は分配器を、映像機器の端子数とBS/CSを見る場合は分波器を使う事もあります。

アンテナ工事の見積りと工事項目について

設置や配線に関してお分かりいただけた所で、実際にUHFアンテナ工事を専門業者にお願いして見積りを出した場合の主な項目について何点か挙げてみます。
UHFアンテナ取り付け費用 (20素子アンテナ、配線むき出し、屋根馬、支線4本、ケーブル20m)、ブースター取り付け費用、屋外分配工事、屋内分配工事、壁穴貫通(ケーブルを通すため)、調整・点検の項目が一般的に挙げられます。

さらにBS・CSアンテナの設置も行うと加算されます。
このほかに受信機器が複数ある場合、ケーブル延長、分配器、分波器などが増えていきます。

また、工事費用以外にも地デジ対応テレビの購入費、アナログテレビの処分代、VHFアンテナの取り外し代なども別途必要になります。
アナログテレビをお持ちの方はほとんどいないと思いますが、アンテナ工事には様々な費用がかかるということが分かりますね。

まとめ

地デジ用アンテナ工事は居住地の受信環境によって八木式アンテナや平面アンテナを選ぶ事が出来ます。
また電波の強さによりアンテナの性能も選択肢の1つに考えたり、ブースターを使って増幅したりとアンテナ配線で電波の弱い地域でも視聴できるようになります。

また、アンテナ設置においては倒壊のリスクを避けるために支線を入れて、素材もこだわりしっかり固定する必要があります。
そのため、専門業者にお願いした方が良いとされています。
当然屋根裏での設置作業や高所での作業も専門業者でなければ出来ないことです。

業者選びは居住地域の特性を考えてしっかりした見積りを出して貰う事で納得して施工をお願いできると思います。
配線に使うケーブルでもプラグでも全て地デジ対応のものにする事できれいな映像でテレビ視聴が可能になるでしょう。

この記事をシェアする