地デジを見るために取り付ける「平面アンテナ」って何?

2011年よりテレビ放送が地デジに移行したのは記憶に新しい話でしょう。

テレビ放送の受信アンテナもVHFアンテナからUHFアンテナに変更して受信しなければいけなくなりました。

テレビ放送の受信システムの変更は国家プロジェクトとして2003年ごろから進められてきました。
それまでのアナログ放送から地デジ放送に変更する経緯と受信アンテナアンテナ工事について考えます。

地デジに切り替わった理由とは

2011年というとほとんどの人が東北大震災を思い出しますが、この年から地上デジタル放送にテレビ放送システムが切り替わりました。
これは 国家プロジェクトとして国が2003年から進めてきた事です。
では何故テレビのデジタル化が必要になったのか、その理由は主に三つあります。

一つは家庭での情報入手環境を整えるためです。
これは全国の家庭に普及しているテレビを使い、あらゆる情報を即時に簡単に入手できる事です。

二つ目に未来の電波周波数の有効利用が考えられます。
これは近年携帯電話の普及とブロードバンドサービスの拡大、未来の新しい通信サービスのために使用できる周波数帯の確保のためです。

最後にDVD・CD・MD・SDカード・USBメモリーなど記憶媒体のデジタル化が進む中それに対応できるテレビのデジタル化が必要になったからです。

従来のアンテナと地デジ放送受信専用アンテナの種類と違い

地デジ放送を受信するために、従来からあるアナログ放送受信アンテナから地デジ専用の受信アンテナに切り替わってきました。

これまではVHFアンテナを利用していましたが、地デジ用にUHFアンテナを設置しなければテレビを見る事が出来なくなりました。
設置場所はVHFアンテナと同様で屋根やベランダ、屋内と電波状況に合わせて設置し、形も似ています。

しかしアンテナは送信所から遠くなるほど電波が微弱になり受信環境が落ちます。
また近くに高層ビルや遮蔽物があって直接受信できない場合は遮蔽物などの反射を使って受信できますがやはり電波が微弱になります。

そのためにブースターを取り付けて補う事もできます。

それぞれの家庭の受信環境で設置場所や取り付け機器などに違いが出てきますが、自分で設置できない場合は業者に依頼する事を薦めます。

地デジ受信用UHFアンテナと平面アンテナの普及

アナログ放送から地デジに移行した時はUHFアンテナは八木式がほとんどでしたが、近年ループアンテナと呼ばれる平面アンテナが徐々に普及してきています。

平面アンテナとは、これまでのUHFアンテナが飛行機の骨組みの様な形状だったのに比べ、平面アンテナは弁当箱のような平たい形状で、壁面に直接取り付けが可能なものですが、これは受信環境が良い場合に限られてきます。
八木式アンテナにあったリスクが軽減され、自分での取り付けも可能になってきました。

これまでは屋根に上がったり、高所に設置する事が多く、専門業者に依頼しなければ出来ない作業が多かったのですが、平面アンテナの取り付けについてはこれまでより負担は少なくなり、壁面設置する事でテレビへの配線も簡易になり徐々に普及しています。

まとめ

2011年に地デジ放送に切り替わった事により、インターネットを中心とした大量情報社会に対応されつつあります。
テレビを使うことで情報の入手を簡単にし、未来の通信事業への道を開くことで世の中はますますデジタル化が進んできているように思われます。

今後も3Dテレビ、4Kテレビの出現や平面アンテナの普及と更なる進化を見せながら、テレビ単体だけではなく、記憶媒体、通信システム、電力、エネルギー分野などとの繋がりがこれからのテレビの大きな役割となってくるでしょう。

この記事をシェアする