新築購入の方必見!戸建ての地デジアンテナ工事価格相場

新築で自宅を購入された方の中で、テレビを楽しむためのアンテナ工事にどのくらいのお金がかかるのかわからないという方も少なくないと思います。そこで今回は、どのような工事が行われて、どのくらいの費用がかかるのかなどのアンテナ工事に関わる基本的な情報をまとめてみました。初めてではない方も、復習するつもりで簡単にでも良いので、ご覧になってみてください。参考になるかもしれませんよ。

地デジアンテナとは?

地デジアンテナは、地デジ放送を自宅のテレビで視聴するために電波を受信するアンテナです。東京スカイツリーや、大阪生駒山などにある電波塔から全国に電波が発信されます。電波塔は全国各地にありますので、地デジアンテナを取り付ければどこの地域にお住まいであっても地デジ放送を見ることが可能です。一般の家庭で使用されることが多いのは八木式アンテナとデザインアンテナと呼ばれるアンテナで、現在でも主流となっています。

八木式アンテナは、主に屋根の上に取り付けます。魚の骨のような形状で、アナログ放送の頃から多くの家庭で使われてきました。屋根の上に設置しやすいということから受信感度がとても良いのが最大の魅力だと思います。受信感度が良いことで、ブースターの必要もありませんし、アンテナ自体も安価ですので、アンテナ工事全体の費用を抑えることができます。ただし、天候の影響を受けやすく、故障の危険性も比較的高めです。

デザインアンテナは、薄型のボックスのような形状で、壁面に取り付けられることの多いアンテナです。デザイン性に優れているので、景観を損ねない点が一番のメリットなのではないでしょうか。景観の面から新築の戸建てのお宅ではこのタイプが人気となっています。受信感度は八木式アンテナには劣り、価格も高めとなりますが、そのスタイリッシュさから注目を集めているようです。

その他にも室内に取り付けるタイプの物や、スマホや社内に取り付けるタイプのものもありますので、用途や状況に合わせて選択してください。

工事の主な流れ

アンテナ工事は、まずアンテナの設置位置を考えなければいけません。電波測定などを行い、きちんと電波受信ができる場所や方向を考えて設置位置を決めていきます。電波レベルは、電波塔からの距離や周辺環境に影響されますので、しっかりと電波測定をしてもらいましょう。設置位置で多いのは、屋根の上や壁面、屋根裏などです。特に屋根の上は受信感度が良いことが多いのですが、景観が良くないと感じる方も多く、壁面に設置するお宅も少なくありません。

電波レベルなどから、ご自宅の状況に合わせたアンテナや周辺機器を選定したら、テレビアンテナの設置・固定作業です。屋根の上に設置する場合は、高所作業になりますので、業者の方にお任せしましょう。この後のケーブルの配線や引き込み作業、ブースターや分配器などの周辺機器の設置も業者の方が適切な方法で行ってくれます。以上のことができたら、最終確認をして終了です。

基本的には業者が全てやってくれますので、特に心配することはありません。地デジアンテナ工事の所要時間もスムーズに作業が進めば、だいたい1時間から2時間で終わることがほとんどですので大がかりな工事ではないです。ただし、天候の悪化や電波状況により工事が難航したり延期となってしまうこともありますので、できればできるだけ時間のある日に工事をしてもらってください。特に新築の戸建ての場合は、慎重に作業が行われますので、予定よりも時間がかかってしまう可能性が高いので、注意しましょう。

費用相場

地デジ放送を視聴するための地デジアンテナ工事には当然ですが、工事費がかかります。自分で取り付けを行う場合は、工事費はかからず、アンテナと必要な周辺機器や部品の購入代金のみで、価格の面だけで言ったら断然お得と言うことができます。しかし、総合的に考えれば価格以外ではプロにお願いしたほうがお得で便利なことが多いので、できれば専門の業者に依頼してください。

業者に依頼した場合のアンテナ工事の費用相場は、八木式アンテナ工事は約30000円から、デザインアンテナ工事は約36000円からとなっています。地デジ八木式アンテナに加えてbs・csアンテナを設置した場合は、約50000円から、地デジデザインアンテナに加えてbs・csアンテナを設置した場合は、約56000円からです。どの場合も八木式アンテナよりもデザインアンテナのほうが若干高めの設定となっていますね。

ちなみに、地デジアンテナに加えて4K8K対応bs・csアンテナの設置工事を行った場合は約70000円からで、4K8K対応アンテナへ付け替えるための工事を行った場合は約50000円からとなっていますので、4K8K放送に興味のある方は参考にしてみてください。

業者によっては工事費用に加えて、出張費や高所作業費などが発生することもありますので、事前に確認が必要です。その他の追加料金についても見積もり時に聞いてみると良いのではないでしょうか。その業者の対応も見ることができますので、チェックすることは大切です。

自分で設置する際の費用と注意点

地デジアンテナ工事は、必ずプロの業者に頼まなければいけないものではありません。特に資格などは必要ないので、取り付けようと思えば取り付けることも可能です。ただし、余程の知識や自信がない限りは考え直したほうが良いかもしれません。例えば、ベランダや室内に簡単に取り付けられるタイプのものであれば、説明書などを見ながら自分で設置することも難しくはありません。

しかし、戸建ての屋根の上や壁面に取り付けるタイプの八木式アンテナやデザインアンテナだった場合、高所作業が必要になるかもしれません。素人が高所で作業するのはとても危険なケースがあります。もし、どうしても自分で設置する時は、一人で行うのではなく必ず複数で作業するようにしてください。また、配線なども知識がないと難しいと思いますので、事前にしっかりと勉強をしてから作業を始めましょう。特に新築の場合は壁などに傷をつけてしまう危険性がありますので、慎重に作業してください。

費用の面は、上でも記しましたが、アンテナ工事を自分で行うということは工事費はかかりません。取り付けるアンテナと必要な機器や部品を購入するだけです。費用の面だけで見れば圧倒的に自分で設置した方がお得なのですが、怪我の危険性や取り付け作業の難しさなどを総合的に考えると、プロにお任せすることをおすすめします。費用は抑えられますが、スムーズに作業ができないと時間を随分無駄にすることになりますし、周辺機器や部品を間違えて購入してしまえばお金の無駄にもなってしまうかもしれないからです。

まとめ

地デジ放送のアンテナ工事は、各ご家庭ごとに状況が違いますので、その状況に合わせて大きく変わります。なので、一概に工事の価格の相場を言うことはできなのですが、一般的にこの値段ぐらいになることが多いというざっくりとしたものをご紹介しました。

一番確実なのは、依頼する業者さんに、見積もり段階でしっかりと疑問に思っていることやわからないことを聞いておくことです。そのための予備知識としてこちらをチェックしておくと良いのではないでしょうか。