地上波デジタルの専用アンテナの種類を紹介

地デジアンテナには大きく分けて室内用と屋外用があります。

また、同じ屋外用でも壁付けタイプはコンパクトなデザインをしており、広さがそれほどない場所にも取りつけられるという特徴があります。
室内用は屋外用にくらべて受信感度がやや低いというデメリットがありますが、屋外用のようにつねに風雨にさらされているわけではないため、頻繁なメンテナンスが必要ではないメリットもあります。

アンテナも時代とともに進化し、年々高性能で画期的なものが開発されています。
購入の前にはそれぞれの特徴をよく把握したうえで、比較の参考にしましょう。

どこが違うの?室内型と屋外型

室内用アンテナと屋外用アンテナでは形状や性能、価格帯などの面で違いがあります。

何よりも大きく異なるのは受信感度です。
室内型地上波デジタル専用アンテナは近距離の電波受信を前提にしているため、受信感度がやや弱く設定されています。
感度が弱いといってももちろんテレビが見にくくなるレベルではなく、電波環境がととのっているエリアであれば問題なく地上波デジタル放送を受信することができます。

屋外専用アンテナは安定した受信感度をもっている反面、デザインがやや武骨なものが多く、建物との調和が難しい場合があります。
実際の現場では、電波環境が充分ではない住宅では屋外専用を、充分な電波を確保できてなおかつ住まいの外観を重視したい場合は室内専用を選ぶことが基本になっているようです。

最近ではすっきりしたデザインの屋外用や受信感度の良い室内用など、双方の弱点を補うタイプの商品が数多く開発されているので、選択のバリエーションがさらに広がりました。
新規購入や買い替えの場合は専門スタッフとよく相談したうえで、後悔のないアンテナ選びを実践しましょう。

家電にくわしくない!どの意見を参考にすればいいの?

テレビなどの家電製品にもともとくわしい人はアンテナ選びも苦にならないかもしれませんが、家電にそれほど興味のない主婦の方やひとり暮らしのお年寄りにとっては、テレビを見るだけでもひと苦労なのです。
昔のように、ちょっと線をつないでスイッチを入れれば画面が映る時代ではありませんからね。

同じ地上波デジタル専用アンテナでもさまざまなタイプが用意されているので、予備知識がなければどれを選べばいいのか迷ってしまいます。
最も手軽に参考にできるのはネットのクチコミですが、信憑性が薄かったり主観に偏りすぎていたりするものが少なくないので、情報を自分の目で取捨選択する必要があります。

実際に工事を依頼した知り合いがいれば体験談を聞く手もありますが、一番の近道はやはりお店のスタッフに質問することですね。
スタッフはもちろんプロなので幅広い商品知識をもっているので、あなたのお住まいに合ったものを提案してくれます。
どんな細かい質問にも丁寧にこたえてくれますので、恥ずかしがらずに疑問に思ったことはどんどん質問しましょう。

未来を大胆予想!これからのアンテナのトレンドは?

今のところ、地上波デジタル専用アンテナは屋外用と小型の室内用で需要を分け合っている状況と言えます。
ひと昔前まではテレビ用アンテナというと簡素なデザインの八木アンテナが主流でしたが、近年ではデザイン性により重点を置いた小型アンテナが徐々にシェアを増やしつつあります。

また、同じ屋外用でも壁につけるタイプや、従来では考えられないほどすっきりしたデザインのものが続々と発売され、「屋外用はデザインが素っ気ない」という弱点はかなり解消されつつあります。
せまいスペースでもおさまるボックスタイプなら、オシャレな外観のお住まいにも難なく調和させられますね。

一方、室内用のデメリットは受信感度の弱さでしたが、最新のタイプではその弱点も解消され、多少電波環境が悪いエリアでも室内で問題なく使えるレベルになっています。
室内用の弱点が今後さらにカバーされれば、屋外用アンテナでも小型化がよりいっそう加速すると予想されます。

地上波デジタル放送が普及するとともに低価格化が進み、高性能アンテナでも1万円を切る価格で手に入れられるようになってきています。
スタイリッシュなデザインの小型アンテナでテレビを観る時代は、もうすぐそこまできているのです。

この記事をシェアする