地デジアンテナ工事の前に知っておきたい!種類と注意点

地デジアンテナの設置をご検討中の方は必見です。地デジアンテナ工事に関する初歩的ではありますが、知っておきたい基礎知識をご紹介していきます。このアンテナ工事は、そこまで大がかりなものではありませんが、全く知識なしで進めてしまうと、時間とお金の無駄になってしまったり、自分で取り付ける場合は怪我に繋がってしまうケースもあります。スムーズに工事を終わらせるために、簡単にでも良いので基礎を把握しtおいてください。

地デジアンテナの種類

地デジアンテナ工事に必要なアンテナにはいくつか種類があり、それぞれに特徴が違います。アンテナを設置したい場所や自宅の方角などを考慮して、最適なアンテナを選択しましょう。そのために知っておきたい、各アンテナの特徴や価格を見ていきましょう。

アナログ放送の頃から使用されていて、地デジ放送に移行した現在でも最も一般的に使われているのが八木式アンテナです。ほとんどの場合、屋根の上に設置されますので、受信感度が良好な点が大きな魅力となっています。魚の骨のような形状で、アンテナというと一般的にこの形状を思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。価格は1600円から9500円ほどです。

平面アンテナはデザインアンテナとも呼ばれていて、形状は薄型の平面状のことが多く、主に壁面に設置されます。八木式アンテナよりも受信感度は弱めなのですが、デザイン性が高いことから住宅の外観を気にされる方にはとても人気となっています。価格も4300円から11750円ほどと比較的割高です。新築一戸建てのお宅ではこのタイプのアンテナを設置することが多いようです。

その他では、室内に設置するタイプのものや、スマホに装着する対応のもの、自動車内のモニターに設置するものなどがあります。室内用のアンテナは設置も簡単で便利なのですが、受信感度が弱く、使える場所が限られているため、事前に自宅で使えるかどうかのチェックが必要です。また、一つのテレビでしか使用できないので、複数のテレビがあるお宅では実用的ではないかもしれません。

アンテナの設置方法

アンテナを取り付ける際に専門の業者に依頼するのであれば、その業者の方にほとんどをお任せすれば良いだけの話ですが、もし自分で取り付け作業をするのであれば設置方法を把握しておかなければなりません。マンションやアパートなどの集合住宅に多い、ベランダの柵に手軽に取り付けるタイプのものですと、アンテナキットとして売られていることがあり、自分でも比較的簡単に設置することができます。室内用アンテナも同様で、設置に手間はかかりません。

ただし、一戸建てのお宅で屋根の上や壁面、屋根裏などに取り付ける時はベランダや室内のように簡単にはいきません。まずは、取り付けたいと思った場所でレベルチェッカーなどを利用し電波状態を調べます。その場所が電波状態が良ければ取り付け作業開始です。アンテナ本体や取り付けに必要な周辺機器を用意して、本体をしっかりと固定したり、配線を正しく行ったりなど場所や環境にもよりますが、配線などに詳しくない方には決して簡単ではありません。

自分で上手く設置することができれば、当然アンテナ工事にかかる費用も抑えることができますので、それに越したことがないのですが、取り付ける場所によっては怪我の危険性も出てきますし、配線や工具の取り扱いスキルがよほどないと時間も相当かかってしまう可能性が大きいです。もしかしたら間違えた工具などを購入してしまう可能性もあり、結果的に業者にお任せしておいたほうがお得だったというケースもありますので、よく検討してからどのような形で取り付けるかを決めるようにしてくださいね。

アンテナ工事の費用相場

アンテナ工事を専門の取り付け業者に依頼すると、当然ですが、工事費用が必要となります。自分で取り付けを行ったほうが安くなりますし、そうできるのならばそれに越したことはないのですが、やはり状況によっては素人では難しいことも多いです。そんな時はやはりプロにお任せするしかありませんので、工事費用の相場を見ていきましょう。だいたいの予算設定をする時などに参考にしてみてください。

工事費用として、八木式アンテナの場合は15000円から2000円ほど、デザインアンテナは20000円から25000円ほどが一般的なお値段です。費用にはアンテナマストやサイドベース、ワイヤーや金具などの部品も含まれています。ただし、テレビがある部屋が複数ある場合などは大きく変わってきたりもしますので、事前に業者と相談してだいたいの見積もりを出してもらうのが良いのではないでしょうか。bsやcs放送のアンテナも一緒に取り付けるケースが多いですが、その場合も料金は違いますので、注意してください。

また、業者によっては出張費や高所作業費などの追加料金があるかもしれませんので、そのことも事前に確認しておくと良いと思います。各住宅ごとに状況や環境は違いますので、一概に費用の相場を言うことはできないのが実情です。なので、業者に依頼する際には、できるだけ綿密に見積もりを出してくれる業者を選択してみてください。インターネットなどで口コミや評判を確認するのも良い手段かもしれませんね。

事前にチェックしたい注意点

まず、本当に気を付けていただきたいことは、自分で取り付ける際のことです。ベランダの柵に取り付けるタイプのものなら良いのですが、屋根の上などの高所作業が必要な時は、できれば専門の業者にお任せするのはベストではあります。しかし、どうしても自分で行いたい場合は一人で作業をすることは避けてください。必ず二人以上で作業を行って、役割などを分担するようにしましょう。

業者に頼むことにしたのなら、できるだけお得に利用したいと思うのではないでしょうか。だからと言って、記載されている費用だけを全て信用して最も安い業者を選んでしまうのも危険です。そんな時は、複数の業者から見積もりを出してもらって比較してみてください。見積もりを出してもらうことで、その業者の対応を見ることにも繋がりますので、見積もり内容と共に、どれだけ適切で親切な対応をしてくれるのかも見極める材料にしましょう。インターネットなどで利用者の口コミや評判を調べることも良いかもしれません。

また、より正確な見積もりを出してもらうためには、周辺環境や設置したい場所、取り付けたいアンテナの種類などを予め調べておいて伝えてください。アンテナ工事は、各ご家庭の状況によって大きく変わってきてしまいます。その時点でわかることをできるだけ正確に伝えることで、正確に近い見積もりを作成してもらえます。その際に、出張費や追加料金などについても忘れずに聞いてみましょう。その上で比較検討し、業者選びに役立ててください。

まとめ

簡単に地デジアンテナ工事の流れや注意点、アンテナの種類などを見ていきました。もし、自分でアンテナ設置を行う方は、これらを踏まえた上で、配線や取り付け方などもっと詳しい情報を把握してから作業を始めるようにしてくださいね。

安全で快適にテレビを楽しむために、適切でお得なアンテナ工事をしましょう。プロにお任せする場合でも、簡単な知識があれば相性の良い業者選びにも役立つと思いますので、参考になれば幸いです。