地デジアンテナが倒れた!?慌てず対処する方法とは

アンテナの倒壊は、優良業者に言わせると、起こり得ないことだそう。きちんとした工事を行えば、長期間、クリアな映像を楽しめるのです。倒れるような設置をしたということは、他にも雑な作業をしている可能性があります。そのような場合、必ず徴候があります。

もう一度、映像が途切れる、ブロックノイズが頻発するなどの不具合を、見落とさないよう一つ一つチェックして、きちんとした業者へ修理を依頼してください。

よくある地デジアンテナが故障するケースとは

地上デジタル放送音テレビが映らない、もしくはブロックノイズやエラー表示が頻繁に起こる場合、アンテナ本体の故障を疑いがちですが、屋根の上に設置するタイプは、雷が落ちる以外では滅多に故障せず、倒れたりすることもないそうです。故障ではありませんが映らない原因として、台風や強風が原因で受信方向の向きがずれたり、傾いたりすることがあります。近隣のものと比較して、明らかに違う方向を向いているようであれば、方向を調整するだけで直ります。壁付けタイプは風雨や日光に弱いので、本体の故障はありえます。

本体の故障が疑われる時は、すぐ側で電界強度を測定しても電波を認められない場合は、本体の故障といえます。また本体を支えている部分が劣化しやすいので、この部分もチェックが必要です。壁付けタイプは方向がずれることは多くありませんが、念のためテレビのメンテナンス画面で、電波受信のレベル表示を確認しながら、動かしてみてください。

アンテナに異常があると分かった際の対処法

アンテナ本体の故障がわかった場合は、業者に修理を依頼しましょう。設置工事をしてから日数が経っていない場合は、手抜き工事も疑われますので、故障の内容によっては設置業者と別の業者に依頼したほうが良いかもしれません。専門家にしかわからない不具合が、もっと隠れている可能性があります。

地上デジタル放送の良いところは、クリアに映るか、映らないかの2つの状態しかなく、突然映像が途切れたり、ブロックノイズが多いのは、どこかに異常がある証拠です。テレビの映り方がおかしいと感じたら、業者に相談をするのがお勧めです。

設置業者に相談しても埒が明かない時は、長年営業している近所の電気店など信頼できる業者に、改めて依頼したほうが無難です。ずさんな工事を繰り返す業者は、トラブルの対処法もずさんで、修理費をしっかり請求しながら、さらに不具合を増やしてし終了することも。毎日の生活になくてはならないテレビですから、業者の見極めを的確に行ってください。

アンテナ以外に異常があると分かった際の対処法

アンテナ本体では電波受信を認められるのにテレビが映らないなどの不具合が解消しない場合は、周辺機器やケーブルなどに故障があるということです。よくあるのは屋外で風雨に晒されたことによる経年劣化や、耐久性の低い部品を使ったことによる劣化です。

設置工事から日が浅いのに周辺機器に異常がある時は、手抜きか間違った工事をしている可能性があります。実際にあったケースでは、地デジ用の分配器と違うものを無理に取り付けてあった、同軸ケーブル以外のケーブルを使っていた、腐食しやすい材質を屋外で使っていたなど、専門家から見れば信じられないような工事は、枚挙に暇がありません。

早急に設置工事をした業者に連絡を取り、責任をもってもらいましょう。明らかな手抜き工事を行った業者には修理を任せられませんので、優良業者に修理を依頼して、修理費を請求してください。ちょっとした映像の不具合は見逃しがちですが、大きな問題が隠れていることもあるので、早めの対処が大切です。

この記事をシェアする