神奈川の新築物件に一から地デジアンテナ設置!費用はいくら?

夢のマイホームに引越ししたら、テレビが映らなかった!という話は、実はよくあるようです。屋内の配線は家を建てる時に行なわれますが、アンテナ設置は別工事ということも。

また建築前のハウスメーカーの見積もりに、アンテナ工事が盛り込まれていたので、気軽に依頼したら高額だった、という失敗談も耳にします。

地デジアンテナは、極端にいえば隣の家とも違うこともある、複雑な工事です。大切な家のことですから、賢い方法を学んでみませんか。

地デジアンテナ工事の基礎知識を学ぼう

地上デジタル放送の視聴をするには、住んでいる地域や家の場所により使用する機器が違い、それにともない工事の内容も変化します。受信するために必要な機器を決めるのは、エリアの「電界強度」です。これは地デジの電波の強さを表し、強電界・中電界・弱電界の3つにわかれています。

強電界エリアでは、工事の必要がない室内に置くだけのタイプで視聴が可能なこともあります。中電界エリアでは、屋内・屋外タイプの併用が一般的です。弱電界エリアだけは、屋根の上に屋外アンテナを設置する必要があります。またエリアの電界強度が十分でも、地形やビル・家屋などの遮蔽物により、受信感度が落ちることもあります。

業者が来訪する工事の見積もり時に、電界強度を確認すると良いでしょう。アンテナを設置する以外に、受信感度を上げるブースターや、各部屋で視聴するための分配器、チューナー、耐久性の高いケーブルなどが、家庭の状況により必要となります。

地デジアンテナ工事をどこにお願いするか比較しよう

新築物件で一番簡単な工事の依頼先は、ハウスメーカーや施工会社です。依頼が手軽な反面、高額になることが多いので、注意が必要です。家電量販店では、機器の価格を確認することができ、販売員の知識を借りることもできますが、実際の作業は下請け業者が行うため、インセンティブの上乗せや、近所の業者でないと出張費がかさんでしまいます。

インターネットで見かけるアンテナ工事店は、専門店ならではのノウハウや大量仕入れの値引きが魅力ですが、神奈川だけでなく関東全体をカバーするような業者では、出張費が高額になることもあります。近所の電気店は、エリアの事情に通じているので安心感が高いのですが、値引の割合は低いことが多いようです。

ホームセンターなどで機器を購入し、取り付けだけを依頼する場合は、使用機器によりコストを抑えられることもありますが、作業費用が一律でないという難点があります。どこへ依頼するにしても、必ず見積もりで内容と金額を確認しましょう。

地デジアンテナ工事に関する費用の相場とは?

電界強度により使用する機器や工事内容が変化するので、一概に相場を書くのは難しいのですが、最低5万円から、最高で10万円程度が一般的のようです。地デジ電波を受信する機器は、他の家電と違い種類は少なく、長期間にわたり安定した受信をするため高い耐久性が必要となるので、支持材やケーブルの種類も限定的で、価格に大きな違いが出ることはありません。

インターネットで極端に安い金額を提示している業者は、たいてい設置工事だけの料金です。そんな中でも違いが発生するのは人件費で、作業人数・作業時間などにより、時には大きな違いとなることもあります。特に作業時間や出張費などは、追加料金として作業後に請求されることがあり、トラブルの元になってしまいます。

安くはない金額を支払うので、契約を交わす祭は契約書をよく読み、特記事項なども確認し、納得できるまで説明を求めましょう。誠実に対応してくれる業者なら、安心して依頼することができます。

この記事をシェアする