テレビやアンテナを設置する良い業者の見分け方

テレビを購入して視聴できるように設置してくれる業者を探す目安を考えると、地デジ放送の電波の受信環境が分かっているところや、高所作業であるアンテナ設置を多く経験しているところ、問い合わせから現地調査、見積り、施工までの流れが分かりやすく信頼できるところなどの条件があります。

またアンテナ工事と屋内配線、受信機器への接続と設定を施工後、見積り以外に別途工事として請求するような事が無い様な業者選びをすることが大切です。

UHFアンテナ設置の受信環境に応じた業者選び

神奈川県内で新しく住むところでテレビを購入した場合、テレビの設置をお願いするにはどこに頼めばよいのか迷ってしまいます。

地デジ放送はUHFと言う極超短波と呼ばれる電波帯で、直進性が強く、山陰や高層ビルの陰になるといった、送信所と受信するアンテナの間に阻害するものがある場合は電波が弱くなる特性があります。

そのため、アンテナ設置業者は居住地の地域性により設置するアンテナから電波の強さにあわせて選ばなければいけません。

実際には居住地域にある電気屋が一番理解していると思います。
その地域でアンテナを設置している経験から送信所の方向や、電波の強さを知っているからです。
その様に考えればテレビを購入して設置してくれる業者はアンテナ設置の経験の多い町の電気屋さんというのも一つの選択肢ではないかと思います。

倒壊しないテレビアンテナの設置が出来る業者

地デジアンテナの設置が出来る業者は多くありますが、高所作業の資格があり、設置事例が多いところがあれば安心です。
アンテナを固定する支線も、素材からこだわりがある様な業者があればいいと思います。

最近ではエアコンの設置程度の経験でアンテナ設置までやってしまう業者もあり、長く使っていると倒壊したり、緩んできたりして再工事が必要になるケースもありますので、施工工事の経験がしっかりしている業者を選ばなければいけません。

地域の電気屋さんを選ぶ場合は店の評判も重要な情報です。
また大型家電量販店の場合も同様です。
ネットで探す場合は施工方法や、経験、使っている材質までのこだわりなど情報収集して判断するようにしましょう。

その他、アンテナ設置工事費用や問い合わせから見積り、施工までが明瞭なところなども複数の業者を見ておくようにしてください。

接続機器の設置工事について

テレビの設置工事業者が決まりましたら、メールや電話で大まかな見積りを出してもらい、現地調査として設置機器と設置場所の確認を行い、最初の見積りと異なる場合はこの時点で再見積りをしてもらってください。
実際に居住地でアンテナから受信機器までの長さにより見積額は変わってきます。

また、複数の受信機器や映像機器に分配したり電波環境に合わせてブースターを接続したりしても見積額は変わってきます。
特にブースターや分配器、分波器など電波信号が受信機まで流れるのに減衰するような機器を接続しなければならないケースでは、業者からしっかり説明を聞き、納得してから施工工事をお願いしましょう。

屋内配線で使う機器はケーブルから各種機器まで全て地デジ対応のもので設置する事をおすすめします。
使う電源は受信機器や映像機器から得る事で作動するものが良いでしょう。

地デジテレビ放送を設置する施工業者を選定する目安について考えてみました。
目安となるのは居住地域の受信環境で選ぶ業者、倒壊しないアンテナ設置が出来る業者、高所作業が安心して任せられる業者などの条件で選定します。

また、問い合わせから現地調査、見積り、施工までが明瞭で透明な事も、業者を選ぶ選択肢の一つとなります。
施工業者の中には設置工事を任せられる技量が無いところも多々あるようです。
アンテナ選びから、屋内配線、接続機器、受信機まで必要に応じて最小限で設置できればベストでしょう。

不必要に接続機器を取り付けて追加請求するような業者もありますので、施工費用に関しては多くの業者との比較で決めるようにすることをおすすめします。

この記事をシェアする