今更聞けない!?地デジアンテナとUHFアンテナの違いは?

ご自宅のアンテナの工事を考えている方、地デジやUHFといったアンテナの名前を聞いたことはありますか。
なんとなく耳にしたことがあるけれど、よくわからないという方も多いかと思います。

この二つは同じものなのでしょうか。
どんな違いがあるのでしょうか。

この疑問を解決するために、いろいろ調べてみました。
自分のうちでは、どんなものを取り付けるべきなのかを決めるために、この二つについてくわしく見ていきましょう。

地デジ放送は、専用のアンテナが必要?

日本のテレビ放送が、完全に地デジ放送に切り替わったというのは記憶にも新しいと思います。
それは2011年の7月のことでした。

当時は今持っているテレビでは見られなくなる、アンテナの交換をしなければならない、などといろいろとニュースになりましたが、そのときはどうしていましたか。
ご家庭によっては、アンテナの交換や室内の配線を変えたりといったことが必要になったところもあったかもしれません。
お持ちのテレビ等の視聴機器においても、地デジ対応のものに買い換えたり、アナログテレビに専用のチューナーを取り付けたりといったことをしたかと思います。

もう地デジ放送は当たり前のものになっていますが、これにより高画質の放送が見られるようになりました。
また、リモコンのボタンを使った双方向番組なども多くなり、より楽しめるようになりました。
当時のことを思い出すと、新しくアンテナを設置するとなると、地デジ用のものが必要だと考えがちですが、uhfというものもあります。

今、どんなアンテナを設置すべきか

新しくアンテナを設置するとなる、地デジアンテナが必要だと考えると思います。
ではuhfアンテナというものはご存知でしょうか。
聞いたことがある方もいるかと思います。

実は、地上デジタル放送というのは、地上波のuhf帯が使用されているものです。
そのuhf帯とは周波数のことで、アナログ放送のときにも使われていました。
ただ、使われている周波数が異なります。
ここがポイントです。

uhfアンテナというものには、いくつか種類があります。
幅広いチャンネルを対応できるオールバンド、小さいチャンネル数対応のローバンド、大きいチャンネル対応のハイバンドというものがあるようです。
オールバンドというものであれば、地デジ放送が全てみることができます。
ローバンド、ハイバンドのものだと、見られるチャンネルが限られているため、全てのデジタル放送を見ることができない可能性があります。

しかし、基本的にはuhfアンテナというものは、地デジも見ることができるものです。

uhfアンテナ選びの注意点

アンテナにはいくつか種類があり、お住まいの地域の電波受信状況によって、選べるものが変わってきます。

自宅の周りに高い山や高い建物などの障害物がある場合は、屋根の上に設置するタイプの八木式アンテナになります。
最も電波の受信ができるものです。
これにしておくと安心です。

そして、見た目にこだわる場合は、フラットタイプのものです。
平面タイプ、デザインアンテナなどとも呼ばれています。
小型でよいのですが、電波の受信がしにくい場所では使えない場合があります。

そして、屋内に設置する小型タイプのものもあります。
電波の受信状況と合わせて検討しなければならないのが注意です。
アンテナ選びと一緒に、購入しなければならない場合があるのがブースターです。

これは、電波がしっかり受信できる場合には不要ですが、そうではない場合、取り付けると受信度を補強する役割があります。
受信度については、業者などに専門の機械を使って測定してもらうことができます。

この記事をシェアする