BSアンテナの工事の価格の相場は?地デジとの違いは?

地デジアンテナについてはなんとなく理解できたけれど、bsアンテナは仕組みが複雑そうでなかなか理解できない。
そんなアンテナ初心者の方も多いのではないでしょうか。

bsアンテナは地デジアンテナよりも頻繁に角度調整を行う必要があり、面倒そうなイメージから設置そのものをためらうケースも少なくありません。

bsアンテナを安全に取り付け衛星放送を快適に楽しむためのポイントを御紹介します。

本音でききたい!bsアンテナと地デジはどっちが安い?

bsアンテナと地デジはどちらも、テレビを快適に楽しむために不可欠なものです。

両方とも設置している家庭も多いと思いますが、気になるのはその価格ですよね。
一般的な地デジアンテナの相場はおよそ1万円~3万円前後。
工事料金が2万円~4万円の間ですから、トータルで6万円程度の価格になりますね。

bsアンテナのほうも、工事をくわえてもトータル価格では地デジとそれほど大きな差はありません。
ただ、bsアンテナは指向性が強く、設置にあたっては慎重に角度調整を行わなければなりません。

電波環境に恵まれたかぎられた場所にしか設置できないbsアンテナは、取付にあたり高度なスキルが必要とされるのです。
設置する場所によっても料金が異なり、高所などの作業に危険をともなう位置に取り付ける場合はオプション料金が追加されます。
特殊な固定器具を使って取り付ける場合にも、部品代がオプションとして上乗せされます。

コストを浮かせるためにDIYで取り付ける人が増えていますが、後々のトラブル回避のためにもなるべくプロの業者に依頼したほうが良いでしょう。

価格はどうなの?bsと地デジはどこが違う?

bsと地デジの大きな違いは、周波数と解像度というふたつのキーワードで説明できます。

周波数は電波がふたたび同じ波形に戻ってくるまでのサイクルのことで、周波数の異なる電波はそれぞれ固有のサイクルをもっています。
テレビがたくさんのチャンネルに分けられていたり、キャリアの違う携帯電話同士で混線が起こらなかったりするのは、違う周波数をもつ電波を使っているからです。

周波数が近い電波が時折混ざり合ってノイズを発生させることを電波の混線または干渉といいます。
地デジだけでbs放送が観られないのは、そもそも周波数が違うからです。
もちろん逆も同じことで、このように固有の周波数が決まっている状態を電波の互換性がない、とよびます。

また、解像度も違います。
解像度とは大まかに言うと、送られてきたデータをどのくらいきれいな画像に変換できるかを示す数値のことで、この数値が高いほど鮮明な映像を楽しめるという意味になります。

解像度の面ではbsアンテナのほうがすぐれており、まったく同じ映像であれば地デジより3倍近く見やすい画像を送り出せると言われています。
周波数と解像度を理解すれば、bsアンテナの仕組みをほぼ完璧に把握することができます。

bsアンテナの角度を自分で調整するポイント

地デジアンテナに比べてbsアンテナは電波の指向性が強く、角度が少しでも変わると映像が映らなくなってしまいます。
そのため、bsアンテナの取付にあたっては極力専門の工事業者に工事を依頼するのがベターですが、ほんの少し角度が変わる度にその都度業者を呼ぶわけにはいきませんよね。
昼間ならともかく、まわりが寝静まった夜中などは近所迷惑にもなり、その場合は自分の手で方向を調整するしかありません。

bsアンテナはピンポイントに近い指向性をもっているので、方向と角度が完全に正しくなければ電波を受信することができません。
やみくもに角度を変えようとしてもかえって本体を傷つけたり部品を壊してしまったりするので、作業に取りかかる前には必ず、電波を正しく受信できる角度を調べておきましょう。
正しい受信角度はネットで手軽に調べられるので便利です。

頻繁なメンテナンスを考慮し、bsアンテナはベランダなどの比較的修理が簡単に行える場所に設置してください。
メンテナンスに危険がともなうので、屋根の上や極端にせまい場所への設置はさけましょう。

何度か角度を調整してそれでもテレビが映らないようなら専門業者に再度工事を依頼することをおすすめします。
良心的な業者であれば、メンテナンスも適正価格です。

この記事をシェアする