マンションの地デジアンテナ設置のあれこれ

マンションに住んでいて、ときどき地デジの映りが悪いと感じることはありませんか。「もしかしたら建物全体で不具合が起きているのではないか?」と不安になってしまうかもしれません。

今回はマンションに住んでいる方が知っておくべきことについてお話しします。そもそも戸建てと何が違うのか、地デジアンテナを設置する際に注意すべきことや不具合が起きたときはどうすればいいのかなど、必要な知識を蓄えておきましょう。

マンションと戸建て住宅との違いは?

多くの世帯が住む集合住宅であるマンションと1世帯以上が住む戸建て住宅の大きな違いは、「住居に対してどのくらい制限があるか」です。マンションの場合、自分が借りた部屋の周辺しか自由にできませんが、戸建ての場合は管理会社が存在しないため、増築・改築などがすべて自由に行えます。つまり、戸建ては自己負担のもとで何でもできるというわけです。

また、マンションでは住んでいる部屋で不具合が出た場合、自己負担にならないことがあります。これは管理会社が家賃や共益費から費用を負担しているためであり、「誰かに任せられる」というメリットにも繋がります。制限のない戸建てかマンションか…どちらを選ぶべきかは予算と自由度によって決まってくるでしょう。

マンションでアンテナを設置する場合の注意点は?

戸建て住宅でも、マンションでも、地デジアンテナでテレビを視聴する原理は同じです。一般的な構造としてはマンションにひとつの地デジアンテナ(UHFアンテナ)があり、そこから各部屋へ分配していく、という仕組みになります。注意すべき点は、ブースター(増幅器)がなんらかの原因で壊れてしまった場合、建物全体で地デジを視聴できなくなることです。

また、マンション自体が新しい場合はいいのですが、アンテナやブースター、分配器などが劣化していて、受信状態が悪くなる場合もあります。ブースターが上層階に付けられているか、または1階に付けられているかなど、マンションによりアンテナの設置構造も異なります。また、一部の部屋で視聴ができない場合などもあり、専門的な診断が必要な場合もあるでしょう。いずれにしても戸建て住宅とは違い、建物が大きいだけに注意すべきポイントも多く存在するのです。

マンションでテレビが映らなくなった場合どうしたらよい?

マンションでテレビが映らなくなった場合、まずはどこに原因があるのかを探る必要があります。テレビとテレビ端子はちゃんと接続されているか、録画機器とテレビ端子は接続されているか、使用しているケーブルが劣化により破損していたりしていないかなどです。

また、テレビ自体の故障や操作による原因かも、検証しておいた方が良いでしょう。もしかしたら地デジアンテナが故障しているのではなく、自身の力で解決できるかもしれません。それでも状況が改善しない場合には、マンションの管理組合や管理者に相談しましょう。賃貸でお住まいであれば、所有者の方へ相談するとが良いでしょう。

まとめ

マンションにおける地デジ視聴は、光回線やケーブルテレビなどの選択肢が挙げられますが、やはり地デジアンテナを使っている家庭がほとんどでしょう。いくら管理者がいるとはいえ、任せたままにするのは良くありません。設置する際の注意点や映らなくなってしまった場合の対処法を知っておき、いつ起きても対応できるようにしておくとより安全にテレビ視聴が可能になるのではないでしょうか。

この記事をシェアする