地デジアンテナ工事に必要なアンテナの種類と価格

地デジアンテナ工事で使われるアンテナの種類を、簡単にご紹介していきます。そのアンテナによって、特徴や価格などが違いますので、目的や状況に合わせて適切なものを選択するのをおすすめします。今回は、一戸建てやマンションなどの集合住宅、屋外で使用できるもの、車内に設置できるものなどさまざまなアンテナの種類を集めてみましたのでチェックしてみてください。目的に沿った良いアンテナが見つかると良いですね。

八木式アンテナ

八木式アンテナは、魚の骨のような形状が特徴的なアンテナで、アナログ放送の受信アンテナとしても広く使われてきました。主に住宅の屋根の上に立てられていています。地デジアンテナとしても主流で、全国普及率は他の種類のアンテナと比べても最も高いということができ、現在でも最も多くの家庭でこのアンテナを活用しているのではないでしょうか。

このアンテナの最大の魅力は、屋根の上に設置しやすいので、受信感度がとても良いことです。ブースターの必要もなく、アンテナ自体も安価なものが多いので工事費用をお得に済ますことができると思います。ただし、景観を守るといった観点で見てみると、デザインアンテナのようなスタイリッシュさはなく、人によっては景観を損なうと感じるようです。もし、景観にこだわりがあるのならば違うアンテナを選択したほうが良いかもしれません。

全国普及率が高いということはそれだけ、使いやすいということでもありますので、特別な理由がなければこのタイプのアンテナを購入し、工事することが多いということです。アンテナの向きも自由に調整することが可能なので、屋根の上だけではなく、屋根裏など設置場所も比較的自由です。

デザインアンテナ

今まで、アンテナと言えば八木式アンテナが主流で、ほとんどのご家庭が利用していましたが、最近ではデザインアンテナに人気が集まっており、主流となるアンテナが変わろうとしてきています。デザインアンテナは、主に屋外に設置するアンテナで、デザイン性が優れているものが多く、外観を損ねることがありません。薄いボックスのような形状で、カラーバリエーションも豊富です。特に新築一戸建てのお宅で好まれており、多くのお宅で活用されています。

設置場所は、外壁が多いようですが屋根の上や屋根裏、ベランダにも設置することが可能です。また、八木式アンテナよりも天候などの環境の変化に強く、影響を受けずらいのも大きな特徴の一つだと思います。天候などの影響で故障することも比較的少ないということは大きなメリットと考えて良いでしょう。ただし、受信感度は八木式よりもやや低めですので、何を重要視するかを判断することも大切です。

値段はやや高めで、受信感度が弱めなのにも関わらず、八木式アンテナよりも値段が高いということで、まだ主流とは言うことができないのですが、受信感度も徐々にも改善されてきていて今でも自宅のある位置や方角によっては全く問題がありませんので、時間の問題なのかもしれないですね。

室内用小型地デジアンテナ

室内用の小型地デジアンテナは、屋根の上や外壁、ベランダなどの屋外に設置されているアンテナとは違い、室内に設置するタイプのアンテナです。形状はボックス型で小型ですので、それほど大きく幅をとってしまうこともありません。デザインも豊富で、室内にあってもインテリアの邪魔をすることはほとんどありませんので、上手く使うことができれば最も設置しやすく、便利なのではないでしょうか。

取り付けも屋外に取り付けなければいけないタイプの物とは違い、初心者であっても簡単に取り付けることができるようで、少しずつではありますが、需要を伸ばしてきています。本来ならば、専門業者に依頼しなければいけなかったはずのアンテナ工事の費用も抑えることができる点も大きな魅力ですよね。また、天候による影響もありませんので、メンテナンスもとても楽です。

価格は安く、室内で持ち運びも簡単ですが、電波の受信感度は弱めなので、受信することのできる場所を探す必要があり設置位置が難しいです。自宅の場所によっては受信できないケースもあり、購入して設置してみないと使えるかどうかがわからないのが、いまいち普及しきれない一番の要因なのだと思います。もし購入する場合は、できるのならば電波状況を確認してからのほうが良さそうですね。

スマホ用チューナー

スマホ用のチューナーは、iphoneやandroidなどのスマートフォンで地デジのテレビ放送を視聴したい時に利用されます。このアンテナは特に必要のない方も多く、あまり知られていないかもしれませんが、家以外でテレビを見たいと感じる機会が多い方にはとても便利なものです。特に待ち時間が多いようなお仕事の場合は、ぜひ手に入れておきたい商品なのではないでしょうか。

電波が受信できるところであればどこでも受信することができます。例えば、屋外での何かの待ち時間にテレビが見たいと思えば受信できる場所を探して移動さえすればいつでもどこでもテレビを見ることが可能です。インターネット回線の通信料も一切かかりません。ただし、同時に充電ができないため、長時間の視聴は難しいので、短時間の空き時間におすすめとなります。

価格は12000円前後のことが多く、少し高めに感じますが、空き時間が苦痛な方にはお得で便利なのかもしれません。取り付け方法は充電用のコネクタに本体ごと差し込むだけなので、気軽にお使いいただけます。映りも問題なく綺麗とのことですので、もし気になる方は試してみてはいかがですか?もしかしたら手離せなくなるかもしれませんよ。

自動車用アンテナ

自動車用のアンテナは、社内モニターで地デジ放送を視聴したい時に使われるアンテナとなっています。車の中での待ち時間や空き時間が多い職業の方にはとても便利なものだと思います。受信方法は、ワンセグかフルセグかで異なり、形状もポール型、シャーク型、フラット型なのさまざまです。車や状況によっては受信が不安定となりますので、複数使用している方も少なくありません。

値段は1900円から12000円ほどと幅広く、用途や使い勝手を考慮して購入してください。車内で快適な時間を過ごしたい方には必須のアイテムかもしれませんね。取り付けは、付属の説明書に従って行えば難しいことはありませんので、初心者でも安心です。種類は豊富にありますので、使っている方の口コミや評価をインターネットなどで調べて参考にしてみると良いと思います。

通信販売でも多くの種類を取り扱っていますので、さまざまな商品の口コミや評価、値段などを比較して、吟味して選んでみてください。比較的値段の高く評判の良いものであれば、受信感度も全く問題ないようですので、電波を受信しにくい場所であっても安心して使うことができます。

まとめ

さまざまなアンテナの種類を見ていきました。もし、自分ではよくわからない場合は、プロの業者さんなので相談してアドバイスをもらってください。特に受信感度などはなかなか素人では判断することが難しいかもしれませんね。

特に室内アンテナは業者に依頼せずに設置することが多いので、電界地域などの自宅環境をしっかりと調べてから購入しないと、お金や時間の無駄になってしまう可能性もありますので、できるだけ注意してください。