視聴したいテレビ放送でアンテナの種類が変わる?アンテナ工事の注意点

引っ越し先や新築の際にアンテナ選びで困ったことはありませんか?近年、多チャンネル化したおかげで、どの放送にどんなアンテナ工事をしたらよいのか迷うことがあると思います。選択肢が増えるのは嬉しいのですが、その分の知識がないと勧められるままにアンテナ工事をしたのに実は契約してチューナーがないと視聴できなかった、なんてこともあるようです。アンテナの種類と選び方、工事の際の注意点を見ていきましょう。

 

アンテナがあればどの部屋でも視聴できるの?

戸建てやマンション、アパートの屋根に立ててあるおなじみのアンテナ。現在はアンテナも多様化していて、パッと見ただけではアンテナだとわからない、建物の外見を重視したおしゃれなものまであります。

屋根にアンテナがあればどの部屋でもテレビの視聴ができるのか?と聞かれたら答えはNOです。分配器を使ってアンテナケーブルを各部屋に配線し、テレビにつなぐようになっています。以前はアンテナケーブルが部屋の隅に置かれていることでアンテナが部屋に届いているのかどうかを確かめることができました。

現在はインナー配線と呼ばれる方法で壁の中にケーブルが隠れていて、壁にアンテナの差込口があるかどうかで確認するようになっています。電波の弱い地域では、はじめからケーブルテレビの差込口が用意されています。見た目は同じなので、入居の際に不動産会社で確認しましょう。

アンテナを立てる際には視聴したい放送形式に対応するアンテナが必要になります。また見た目が同じアンテナでも金額により機能や材質などが変わります。何を視聴したいのか、どんな場所に取り付けるのかでアンテナ工事の際に取り付ける部品が違ってきますので専門の業者へ相談するとよいでしょう。

 

視聴できる放送とアンテナ

一般でいうテレビ放送の地デジ、地上波の視聴にはUHFアンテナを使います。屋外設置、屋内用の両方がありますが屋内用は強電界地域用が多く、電波の届き方が不安定な地域には向いていません。アンテナの形も建物の景観を邪魔しない薄型のものがあり、ブースターを内蔵し見た目にもすっきりしたデザインになっています。屋内外問わず設置できるものが販売されています。

スポーツやドラマといった専門チャンネルが多く、国内外の番組を楽しみたい人にはBS/CS衛星放送アンテナでしょう。「白いパラボラアンテナ」という言葉を聞いたことがあると思います。丸くて白い円盤に、小さなカメラのようなものが中心に向かってついています。BSデジタル、110度CSデジタルアンテナとも呼ばれ、通信衛星の電波をキャッチします。

有料放送では、地上波にはない専門チャンネルが視聴できるとあって開局以来ずっと人気があります。このアンテナとチューナーの組み合わせで放送局や番組単位で契約し有料放送を視聴する仕組みになっています。最近では4K、8K放送がスタートし、対応するテレビも販売され、さらに高画質の映像を楽しむことができます。

アンテナが立てられない地域や、障害物などで電波受信が難しい地域にはケーブルテレビが有効です。外からケーブルを家に引き込みます。ケーブルテレビ局との契約が必要で、視聴できるチャンネル数によって金額が変わる仕組みです。視聴チャンネルはケーブルテレビ局によって違います。契約前にどんなチャンネルがあるのか下調べが必要です。建物にアンテナを立てる工事が不要で、景観を損ねません。

IP放送は、俗にいう「インターネット回線を利用した放送」のことです。最近では地上波で観られなかった放送を「見逃し配信」で後からゆっくり視聴できるようになりました。オンタイムでの放送にとらわれず、早朝でも夜中でも好きな時間帯に番組を視聴するビデオ・オン・デマンドというスタイルが増えてきました。アンテナがなくても、インターネットができる環境であればテレビの視聴が可能なのです。

 

アンテナ工事を依頼するときの注意点

いくつかテレビを視聴する方法を見てきましたが、どんな番組が観たいかでアンテナの種類が変わることがわかったと思います。賃貸で勝手に工事ができない場合や、電波が弱くアンテナが立てられない地域にはケーブルテレビが有効になるなど、環境によって左右されるケースがあります。

いくら家の立地が良くても、アンテナ工事がしにくい、弱電界地域になっているなど見えない部分で費用の負担が増えてしまっては入居の際にトラブルになるかもしれません。アンテナ工事を依頼する際には、設置場所や電波の環境を事前に知ることが大切なのです。

販売されているアンテナを見ると、工事費込みでも金額に差があります。先にもお話した通り、電波の受信状況や設置場所、視聴したい放送内容で選択肢が変わります。アンテナだったらどんなものでも大丈夫、ではなく家の周辺の環境と視聴スタイルを踏まえて選ぶようにしましょう。

ケーブルテレビでは、外から家の中へケーブルを引き込む工事をします。賃貸だとベランダ部分でも共用部分に手を加えると認識されることもあるので工事を依頼する前に相談しておきましょう。

何よりも視聴したい放送に対応するテレビなのか、チューナーと接続するケーブルは揃っているか、ブースターは購入しなくてよいのか、さらにそれぞれの部品の値段や有料放送の料金まで把握しておけばアンテナ工事の際に何を言われても慌てなくて済むはずです。

 

まとめ

テレビ放送にはおなじみの地上波から、BS、CS衛星放送など。それぞれに対応するアンテナが必要なものや、ケーブルテレビやインターネットの環境があれば視聴できるものと、近年の多チャンネル化で、テレビ放送も観たいチャンネルを視聴者が選ぶ時代になりました。

アンテナは昔ながらのUHFアンテナに加え、家の外観を損ねない薄型のおしゃれなものも販売されています。アンテナの設置には周辺地域の電波の受信状況を知っておくこと、賃貸の場合はアンテナを立ててもよいのか大家さんに相談しておくなどの確認が必要です。アンテナ工事を依頼する際には、自分が何を視聴したいのか、視聴スタイルをはっきりさせておきましょう。

この記事をシェアする