地デジのアンテナトラブルってどんなものが多い?

地デジアンテナ設置後によく起こりがちなトラブルとしては、思わぬ電波障害が挙げられます。
設置した時は電波を正しく受信できても、ある程度の時間が経つと自然に方向と角度が変わってしまい、映像が映らなくなることが考えられます。

もっと大がかりなトラブルとしてはアンテナ設置後に付近に高層ビルなどが建ってしまい、電波環境が途端に悪くなるケースが実際に報告されています。

工事後のアンテナトラブルについてはまず業者に一報を入れることになりますが、その際に最低限伝えておくべき情報はあるのでしょうか。

経験者に学ぶよくある地デジアンテナトラブル

大前提として、一度設置したアンテナでもトラブルはつきものだと思ってください。

ごく軽微なトラブルであれば自分自身で修繕できますが、複雑なものになるとやはり専門の業者に連絡して対処してもらうことになります。
代表的なアンテナトラブルといえば、電波が受信できなくなるケースですね。

地デジアンテナは電波を2進法のデジタル信号に置き換えるので、映像が中途半端に映る、ということはまずありません。
これが鮮明な画像を送り出せる地デジアンテナの長所ですが、一方ではトラブルが深刻化しやすいという短所にもつながっています。

角度の問題だけではありません。
電波状態が良いからと設置してみたら想像以上に風雨にさらされやすいと後でわかり、設置場所を変更せざるを得ないケースもままあります。
地デジアンテナは雨や風のみならず強い日差しにも弱いため、設置にあたっては日あたりも入念に確認しておく必要があります。

設置場所の変更や電波レベルの再チェックは保障期間であれば無料なので、追加コストの心配はありません。

自分の家だけじゃない!ご近所さんにも配慮して!

アンテナトラブルというと自分の家だけで完結するものだと考えがちですが、近所を巻き込んだケースも実際に存在します。
とくに隣の家の人が美観や住まいのデザインに強くこだわっていた場合、地デジアンテナが目ざわりになるとしてクレームをつけてくるケースがあります。

こうした民事トラブルはこじれるとややこしい訴訟問題に発展しかねないため、初期段階のうちにきちんと対応して火種を消しておく必要があります。

アンテナの設置前に近所の人に報告し、この場所に取りつけても問題ないかどうか確認しておくのがスマートなトラブル予防法です。
より重大なトラブルとしては、ベランダに取り付けたアンテナが部品ごと落下してしまい、階下の部屋の植木などを破損してしまうケースが考えられます。

専門業者に設置を依頼したのであればアンテナ落下の危険はほぼゼロと言えますが、万一このようなトラブルが発生した場合は真摯に謝罪し、迅速な再発防止策を講じましょう。

アンテナトラブルへの対処法で業者のスキルを見抜く!

どの業界であっても、顧客へのアフターケアを欠かさない業者は長い期間にわたって信頼されるものです。
アンテナ工事においてもそれは同じで、アフターサービスの良し悪しによってその業者の顧客へのスタンスを知ることができます。
トラブル発生時には業者への迅速な連絡が肝要ですが、まずは電話での対応に注目してください。

トラブルの詳細を丁寧かつ簡潔に聞き取り、なおかつ対応策をスピーディに伝えてくれる業者は合格点といっていいでしょう。
電話の段階でトラブルの状況を的確に把握できるということは、社員が一律に高いスキルをそなえていると推察できるからです。

反対に、こちらの説明をさえぎって通りいっぺんのマニュアルだけで対応しようとする業者は要注意です。
そうした業者は設置工事の段階で雑な作業をしている可能性がありますから、アンテナ周辺をもう一度よく調べてみる必要があります。

また、設置後の無料保証期間については業者によって多少のばらつきがあるので、パンフレットなどで事前にチェックしておきましょう。

この記事をシェアする