アンテナ工事をした際の保証期間とはどの位?また、保証される内容は?

アンテナ工事に於ける保証は、業者により期間も内容も違うので詳細な確認を行う様に再三言われています。中には「想定できるトラブル全てを書き出して、一問一答で無償修理の対象を質問する」などを推奨している事もあり、確認不足のトラブルは少なくない様に思われます。また、こうした質問に懇切丁寧に答えない業者は信用に値しない業者である、との見解もありますので後々のトラブルを防ぐ為にも事細かな確認は必要に思われます。

アンテナの保証期間を確認

アンテナの保証期間は業者によって違います。大体は5年程度だと言いますが、長いものでは10~12年というのもある様です。明確な保証期間を確認しておきましょう。

ただし、期間が長いだけで保証内容が充実していないものでは意味がありません。保証内容が薄いものを選んでしまい、その後のメンテナンスや修理に余計なお金がかかってしまうのでは、折角の「保証」も意味をなさないからです。

中には初期不良にしか対応していないケースもあるという事ですので、内容も良く確認した上で、期間と保証内容のバランスの取れたものを選ぶようにすれば間違いのない所だと思います。

初期不良に関しては、アンテナ設置後の何日間か数週間程度で不具合を発生するケースであり、無償か少額で直せるハズです。ただ初期不良の保証期間は2週間程度だったりもしますので、ここも確認が必要となります。

保証される適用範囲について

アンテナ工事に於いて、まず施工業者のミスや不手際が原因の不調は全て保証の対象となりますので、その際の点検及び再施工はほぼ料金を取られる事はありません。ただし、保証内容は業者によって違いがあります。

注意が必要なのは、〇年保証と謳ってある期間中に「〇年以内なら全てのトラブルに対応してもらえるのか、どうか」という事です。或いは「アンテナ本体だけ」に限定した保証なのかを明確に確認しましょう。ここを勘違いしてしまうと、後々のトラブルになってしまいます。例えば、アンテナ倒壊のみに限定した保証では、アンテナのズレなどで映らなくなっても修理は保証されないという事です。

ただ「受信保証」と「倒壊保証」を分けて保証してくれる所もあり、この場合、保証期間内ならアンテナが倒れた時も方向がズレて映らなくなった時にも、何度でも無償で修理してもらえるというものです。

いずれにしても、必ず施工を依頼する前に「施工時のトラブル事故、及びトラブル時の労力、費用の負担をどこまで保証適用してくれるのか」を書面にてチェックをする様にしましょう。この際、書面を出してくれない業者は避けた方が良い様に思います。

保証されない対象外について

主に自然災害で起きた事故は、ほとんど適用外となる事が多い様です。例えば、雪の重みでアンテナが倒壊してしまったり、鳥害によるアンテナの故障(主にフン)だったりがあります。

ここで注意しなければならないのが「台風」と「強風」だと言います。台風は自然災害とされても仕方ない所ですが「強風」の定義は何?という事です。強風などは、言うなれば年中吹いているものですから…春一番、ビル風、海風、川風、様々吹きます。強風でアンテナに不具合が起きる方が明らかにおかしいので、ここは明確にしておきましょう。「暴風注意報が出た場合」というなら、「その市区町村に出た場合か」または「広域に県や地方に出た場合か」位に詳細な確認はした方が良いという事です。

他、停電時におきた電気系統のトラブルも保証対象外になる業者があると言います。停電になるとアンテナ回線がショートするトラブルなどが発生する時がある様ですが、その際も「自宅の電力過剰使用の場合か」また「エリア全体の停電」も含まれるのか、を事細かに確認しておいた方が安心です。

まとめ

保証には「初期保証」に始まり、「倒壊保証」「受信保証」などがあると先述致しましたが、他に「メーカー保証」というのもあります。通常は1年保証が多いそうですが、6か月保証と言う事も有る様です。どちらかは保証書で確認しておく事、併せて保証書は大切に保管しておく事が大切となります。スグに見られる様にしておくと良いでしょう。

他に火災保険では「雪災補償」「風補償」というものを設けてあるそうです。そういうものは、豪雪地区や強風が多い地区にとっては大変にありがたい事ですね。まずは、保証というモノ全般を見直す事が大切だという事でしょうか。