アンテナの事故で火災保険が使えるって本当?それは、どの様な時?

アンテナは外に出っぱなしになっている為、故障のリスクが高いものです。特に屋根上に設置してあるなら尚更の事でしょう。風雨や雪にさらされますので、老朽化なのか災害により故障したのか、また倒れたのかという判断が難しい様です。少しでも、グラついている、危険かなと感じたら倒壊する前のメンテナンスが一番大切です。その方が火災保険に頼るよりも、安上がりになる事は明々白々というものでありましょう。

火災保険が適用される場合

アンテナは屋根の上に接続されて立っている事が多いので、建物の一部としての扱いとなる為、アンテナ修理は火災保険の適用範囲となる事が多い様です。

実は火災保険というのは、火災のみならず様々な災害に対応する全方位型の保険です。ですから、強風、大雨、豪雪でのアンテナ事故は火災保険の適用範囲となります。積雪が原因でアンテナが転倒、故障した場合は「雪災補償」で対応され、強風が原因なら「風災補償」で対応可能となり、多くの修理が無料となります。

ただ、入っている保険によっては保証されない場合もあるので、ご自身が加入している保険を良く確認する事が大事です。

火災保険が適用されない場合

まず、例え台風や積雪でアンテナが倒壊したとしても、原因が経年劣化と判断された場合には、残念ながら火災保険の適用はされません。

その他「少損額免責」という、一定以下の損害額について保険会社は一銭も支払わない方式があります。
その一つが「20万円フランチャイズ方式」と言われるものです。この方式は損害額が20万円以下なら1円も支払いはされません。ですが、例えば25万円の損害が出た場合には、満額で25万円支払われるというものなのです。なのでアンテナが倒壊した場合には、屋根や他の場所の被害も見落とさない様にして、まとめて請求した方が良いとの事です。

もう一つが「免責方式」であり、フランチャイズ方式との違いは自身で免責金額を選べる点です。大体は「0円」「3万円」「5万円」「10万円」「20万円」の内から選べ、免責額が」高い程、保険料は安くなる仕組みです。そして保証されるのは、損害額から免責額を差し引いた金額になります。例えば5万円の免責額で被害総額が7万円なら、2万円が支払われると言う事です。この場合にも、損害額が免責額より下なら、1円も支払われずに全額自己負担となります。

アンテナ事故の火災保険に関する注意点

加入している火災保険の契約内容によっては、強風、積雪で被害を被ったアンテナには保証が適用されないという種類のものもあります。また、適用範囲であっても無料にはならず、支払われる金額が非常に少額という事がありますので、改めてご自身の保険を見直す事が必要かと思います。

そして、火災保険には「申請期間」というものがあり、災害にあった日から期間内までに申請をしないと支払いはされないので、こちらも注意が必要です。過去に遡って請求する事も可能ですが、申請期間は3年以内というものが多いと言います。

また、風災でアンテナが倒壊した際の認定基準は「瞬間最大風速20m/秒」と言う事で、それ以下の風で倒壊しても認定はされない様です。その風災では洪水、高潮の被害は除かれ、雪災では融雪水の凍結、融雪洪水、それに除雪作業によるアンテナの故障などは除外されますので、この点も注意が必要でしょう。

まとめ

ここでは火災保険の適用例、不適用例などを簡潔にご紹介しましたが、火災保険は適用などの判断が複雑ですから、専門職の方に相談される事をお勧めします。

何故なら、業者の中には「コレも保険で直せます。」とか「ついでにコレも直してしまいましょう。」という様な事を言う方もいる様です。経年劣化や老朽化では、ついでに認定してもらえるものではない事は確かです。保険で直せるつもりで依頼した結果、支払いがされず全額ご自身の負担になる様な事になっては、後悔先に立たず、です。まずは、専門家へ。