自分でbsアンテナ工事をする時の注意点を検証

設置場所や電波状況によっては、比較的簡単に取り付けることが可能なbsアンテナを自分で設置する際に気を付けなければいけないことはどのようなことなのでしょうか。「簡単にできそう」と適当にアンテナを購入して取り付けるのではなく、確実に正しく設置することができるように予備知識を身に着けてからさまざまな準備に取り掛かってください。状況によっては自分での取り付けは不可能となりますので、無駄にならないようにしていきます。

アンテナを設置する前にチェックしたいこと

bsやcsの衛生放送の視聴を自宅でしたい時に必要なのが、アンテナの設置ですが、アンテナの取り付け作業を自分や家族などが行う時に、事前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。特に取り付け作業は、マンションやアパートなどの集合住宅のベランダの手すりなどに設置する場合はそんなに難しい工程はありません。よって、あまり取り付けの専門業者に依頼するケースは比較的少なめなのではないでしょうか。

自分で取り付けるからこそ、事前にチェックできることはきちんとしてから、アンテナを購入したり、実際の作業に取り掛かるようにしてくださいね。チェックなしでいろいろ進めていってしまうと、時間やお金が必要以上にかかってしまうことも珍しいことではありませんので、事前チェックは意外と大切なことだと思います。あと重要だと感じることは、取り付け業者に依頼するか否かです。先ほども言った通り、ベランダの手すりなどに取り付けることは難しいことではありませんが、その他の箇所で自分で取り付けるのには危険だと感じる場所に設置しなければいけない時はプロの業者に依頼するようにしてください。

電波状況なども事前にわかることがあれば把握しておいたほうが良いかもしれません。自宅の電波状況が著しく悪い場合、素人の判断ではなかなか難しいこともありますので、もし事前にチェックできるのであればチェックしておきましょう。さんざん時間をかけた挙句に業者に頼むことになるとかなりの時間の無駄となってしまいますので、特に忙しい方は注意が必要です。

それから、一番大切なことはbs放送を視聴したいテレビの裏側を見ておくことです。bs・110度cs入力のための差し込み口があるかどうかは必ず確認しておいてください。この差込口がなければ、いくらアンテナがあって正しく取り付けができたとしてもそのテレビではbs放送を見る事はできません。差し込み口のあるテレビを購入する必要も出てくるので、更にお金と時間を費やさなくてはならず、予算設定も大きく変わってきてしまいますので、まずは差し込み口のチェックから始めてくださいね。

アンテナの設置場所を確認

アンテナを設置する前に必要な事をチェックしたら、次は設置場所を考えていきます。自分でアンテナ工事をする場合、一番設置場所として一般的なのがベランダです。特にマンションやアパートなどの集合住宅ではベランダに設置しているお宅が多く、設置方法も比較的簡単となっています。ただ、気を付けて頂きたいのが方角で、近所のお宅に取り付けてるアンテナがどの方角を向いているのかを観察してみてください。ベランダが南西に向いている場所にあれば簡単に最適な方向を探せると思います。

次に、周辺に電波を受信するのに邪魔になるものがないか確認してください。例えば高い建物だったり、大きな樹木だったりです。もちろん、すぐに受信可能な状態になれば確認の必要はありませんが、なかなか電波が届かなかったり、届いても安定しない場合は電波を遮断している原因となっているものを探すことが重要となります。

また、自宅のベランダがどのような形状をしているのかを把握しておくのもとても大切なことだと思います。形状によって取り付けるための工具などが変わってくるからです。全て用意してから自宅のベランダには取り付けられないことがわかったら、更に時間とお金を使ってしまうことになりますので、スマホなどで写真を撮っておくと良いかもしれませんね。

マンションの場合は、そのマンション自体にアンテナが設置してあることも少なくありません。bsやcsが見れないと思い込んでアンテナを設置してしまったら、実はマンションの住人が共同で使えるアンテナが付いていたというケースをよく耳にしますので、こちらの確認もしっかりとしておいたほうが良いでしょう。稀にありますが、マンションによってはベランダに設置することが禁止されていることもあるようですので、アンテナを設置する前に管理人さんや管理会社に聞いてみてください。

もし、一戸建てのお宅でベランダではなく屋根の上や外壁などに取り付けたい場合は、専門の業者に依頼するのをおすすめします。素人が屋根に上るのはとても危険なことですし、最も雨風にさらされる場所でもありますので、アンテナ自体の強度も不安があります。外壁の場合も同様で、素人ではなかなか完璧に取り付けることが難しいので、このような場合は、料金はかかってしまいますが、プロの業者にお任せするのが得策なのではないでしょうか。

アンテナを購入

アンテナの設置場所の確認が問題なく終了したら、次はいよいよアンテナの購入です。自分でベランダ取り付ける場合は、bsアンテナキットの購入をおすすめします。手すりなどに取り付ける際に必要な金具などがセットとなっているものです。基本的には難しい作業もなく取り着けることが可能です。ただし、一般的な形状の手すりなら全く問題ないのですが、少し変わったデザインをしていたりすると取り付けることができないとい場合もありますので、購入前に注意しましょう。

購入したら実際に取り付けていきますが、一番気を付けていただきたいのが強度です。もし中途半端な強度で取り付けてしまい落下してしまうと、最悪の場合は人にぶつかってしまい、大きな怪我を負わせてしまう可能性もあります。強い雨風の時でも落下しないような強度を保てるように、しっかりと取り付けたと思っても、何度も確認するようにしてください。自分で取り付ける場合の一番の懸念は安全性なので、ここだけは忘れないようにしましょうね。

アンテナキットに付いている説明書通りに作業を進めていき、ケーブルの接続などが問題なくできればすぐにbsやcsの放送を視聴することができると思います。価格はだいたい10,000円前後のことが多です。もし何回も取りつけたことがあるというような経験者や専門の知識がある方でしたらキットを購入する必要はありませんのでもう少し安く抑えられると思います。

アンテナキットはとても便利なものですが、気を付けなくてはいけないのが、一つのテレビで視聴するためのものであって、複数のテレビには対応していないとういうことです。もし、複数のテレビで視聴したい場合は、アンテナ自体は一つで大丈夫なので、分配器やブースター、ケーブルなどが別途必要となりますので、追加で購入してください。ただし、こうなると配線などが複雑になり、経験や知識のない方にはなかなか難しいかもしれませんので、複数のテレビで視聴したい場合は最初から専門の業者に依頼したほうが結果的に時間とお金の無駄にはならない可能性があります。

まとめ

自宅で簡単にbs放送を視聴するためのアンテナ工事について、さまざまな角度から見ていきました。自分で作業することが可能な方法を主として見ていきましたが、状況によっては専門の取り付け業者に依頼したほうがお得で安全な場合もありますので、無理だと感じたらプロにお願いするようにしてくださいね。

まずは自宅のアンテナを設置したい場所のことをきちんと把握して、無理のない範囲でアンテナ工事を進めていきましょう。問題なく作業ができ、スムーズにbs放送を楽しめるようになればと良いですね。