【タイプ別紹介】地デジのアンテナ工事の費用の相場は?

アンテナ工事ですが、実はいろんな種類があります。

アンテナと言われて、想像するような屋根の上にある格子状のものもあれば、一目見てもわからないような目立たないデザインのものもあります。

しかし、やはり気になるのがその値段です。
どのタイプを選ぶかによっても、費用は変わってくるようです。
相場はどのくらいなのかチェックして、どのタイプの工事をするのかを検討してみてください。
あなたにぴったりのものが見つかるはずです。

八木式アンテナの費用相場

アンテナにはいくつかタイプがあります。
いずれにしても、電波をしっかり受信できなければ、放送が見られません。
アンテナのタイプは受信強度によって変わってきます。

一般的に、アンテナと言うと、屋外の屋根の上などの高い位置にあるものを想像するでしょう。

最近では、屋内に設置するアンテナというのもありますが、、屋外に設置するもののほうが、やはり電波を受信しやすいです。

その屋外に設置するアンテナの一つが八木式アンテナというものです。
これは、だれでも見たことがあるような、アンテナと言われてまず想像するような鉄の棒状の骨組みのものです。
周りに山や高い建物などの障害となるようなものがある場所にお住まいの方にはこのアンテナ工事がおすすめです。
一番受信強度が高いアンテナです。

費用の相場を調べたところ、工事費込みで3万円から4万円ぐらいのようです。
業者によって、金額やサービスに差があるので要チェックですが、お値段をおさえたいのであれば、これがおすすめです。

デザインアンテナの相場

地デジアンテナで、人気があるのがデザインアンテナというものです。

アンテナ工事について調べた機会のない方では、あまり知らない方も多いかと思いますが、一般的な鉄の棒状のものや、円形のものなど、いかにもアンテナらしい外観ではありません。
見た目は小さい薄い箱のようなものです。
色もバリエーションがあり、白や茶色、黒など目立たないスタイリッシュなものが多いです。
壁になじむ色を選べば、そこに地デジアンテナが設置されているとは気づかないほどです。

ベランダなどにも設置することができます。
受信強度は八木式アンテナが一番ですが、このタイプであってもよっぽど立地の悪い場所でなければ十分に電波を受信することができます。
デザイン性に優れているので、こだわりの新居を建てて、アンテナ工事を考えている方にはおすすめです。
外観を損なうことがありません。

3万5千円から4万5千円ほどが工事費用の相場となっています。
八木式の地デジアンテナより少しお値段が高いようです。

BSやCSの放送も見たい場合は

八木式アンテナであっても、デザインアンテナであってもそれは地デジ放送を見るためのものです。
もし、BSとCSの放送も見たいのであれば、それは別途の工事が必要になってきます。
BSとCSのアンテナは円盤状のものです。

BSとCSアンテナもつけると、別途費用もかかってきます。
八木式アンテナを設置した場合でも、デザインアンテナを設置した場合でも、追加でBSとCSのアンテナ工事を行うと、相場ではプラス2、3万円くらいの費用がかかります。

地デジアンテナをつければ、民放の無料放送を見ることができます。
BS放送は無料のものもありますし、有料のものもあります。
CS放送は有料です。

これら有料放送を見たい場合は、別途放送する会社等との契約が必要です。
より多くの番組を見たい方、専門のチャンネルや子どものためのアニメのチャンネルなど幅広い番組をチェックしたい方は、はじめから地デジアンテナと一緒にこちらの工事もまとめて行うことをおすすめします。

この記事をシェアする