テレビが映らない!?アンテナはどこを点検すればよい?

アンテナをきちんと取り付けたはずなのに、テレビが映らないと困ります。

アンテナの設置方法が悪いのか、テレビのほうに問題があるのか、わからなくて混乱してしまいます。
下手に触ってしまって、壊れてしまったりしても大変です。
業者に来てもらうのも安心ですが、わざわざ来てもらうのも時間がかかるし、来てもらうほどの問題ではないかもしれません。

そんなとき自分でアンテナを点検するにはどうすればよいのかを調べてみました。

突然テレビが映らなくなったら

今までは普通にテレビを見ることができていたのに、突然テレビが映らなくなってしまったり、映りにくくなってしまったという場合です。

見たいテレビがあるのに、急に見られないと困りますね。
そんなときの点検方法です。

まずは、アンテナそのものの故障というものが考えられます。
雷などにより、故障する場合がありますが、可能性は低いようです。

次にアンテナの向きがずれてしまっている場合です。
強風や台風などで向きがずれて、映らないことがあります。
この際は、まずは周りのうちのアンテナの向きを確認します。

そして、大幅にずれがあるようでしたら、向きを自分で変更するか、業者にその旨伝えて調整してもらうとよいです。

それから、ケーブルの接続不良ということもあります。
ケーブルはテープで接続している場合だと、水が中に入ってしまったりすることがあるようです。
アンテナの向きに問題がなさそうであれば、ケーブルの接続部分も点検してみましょう。

テレビが映ったり移らなかったりする場合

普段はテレビを見ることができるのに、たまにテレビが映ったり移らなかったりするという場合のことです。

それは天候に関係していたりしませんか。
風が吹くと、テレビの映り悪くなったりするという場合があるそうです。

そんなときには、まず点検すべきところがあります。
それは、ブースターの出力部分の接続部分です。
ブースターとは、アンテナだけでは映りにくい場合に、映りやすくするために追加で取り付ける部品です。
その接続部分が緩んでいると、風が吹いたらテレビが映らなくなったりする原因となります。

まだ映るから大丈夫と、そのままにしていると、そのうちに完全に映らなくなってしまいます。
そうならないうちに、対処すべきです。

それから、その接続部分がしっかり防水をされていない場合、その線が腐食してしまい、断線してしまう可能性があります。
それらのトラブルは、自分の目で見て点検できる場合もありますが、自分の目では確認できない場合もあります。

点検して、修理が必要なときはどうするか

なんだかテレビの映りが悪いと思ったとき、まずは室内のテレビなどの視聴機器の不具合を疑うと思います。
コードが抜けているのか、緩んでいるのかなどのチェックをするでしょう。

そして、屋外などに設置されているアンテナの点検をすることになると思います。
アンテナの向きや、コード等の緩みなど点検し、すぐに自分で直せたのであればそこで終わりです。

しかし、自分で調整したり、直したりするのには不安があったり、不可能な場合がほとんどだと思います。

そんな場合は、業者にお願いするのが一番です。
アンテナ設置をお願いした業者では、設置してからの保障期間があり、期間内では無料であったり、安い値段で調整、修理をしてもらえる場合もあります。
まずは、そこに連絡するのが一番です。

設置してもらった業者を忘れてしまった、そもそも自分で設置依頼していないという場合には、地域のアンテナ工事の業者に問い合わせをしてみましょう。
工事の業者は設置するだけが仕事ではなく、点検や修理を行ってくれるものです。

この記事をシェアする