テレビが映らない!?アンテナ調整に必要な費用はいくら?

昨日まで映っていたはずなのに、さっきまで見られたはずなのに…テレビが突然見られなくなることはありませんか?その原因は強風や雪により、テレビアンテナの位置が少し動いてしまっただけかもしれません。

また、室内のテレビやケーブルによる接触不良や劣化も原因の一つとして考えられます。今回はどういう時にテレビが映らなくなるのか、その事例と対処法、調整方法などについて見ていきます。

テレビが映らなくなる主な原因は?

まずは、テレビ自体に原因がある場合について見ていきましょう。地デジを見るのに必要なB-CASカードは挿入されていますか?きちんと挿入されていないと、テレビは映りません。また、地デジ以外のアナログやBS、CSを受信する設定になっていないか、確認もしましょう。

まだ映らない場合は、配線関連に原因がないかを見ていきます。テレビ端子がテレビまたは録画機器に接続されているかどうかを確かめてみてください。抜けていることがよくあるそうです。ブースターなどを使用しているのであれば、テレビ端子または電源が接続されているか、または接続不良でないかもチェックすることをおすすめします。この時点で状況が改善されない場合は、テレビアンテナなどの周辺に原因がある可能性があります。

自分でアンテナ調整はどのくらい可能か?

地デジのテレビアンテナに不具合が見つかった場合、自分で調整することは可能なのでしょうか。最近ではホームセンタ?のDIY用のアイテムを使ってアンテナを設置するという器用な方もいらっしゃるようです。アンテナを調整するためには、まず受信状態を調べる「レベルチェッカー」と呼ばれる機器が必要です。

また、屋根上または壁面などに設置することから、一人で作業をするのは困難と言えるでしょう。確かに、技術的な面、物理的な面(設置器具や工具、測定機器など)、そして知識があればできないことはありません。しかし、高所での作業はいくら技術があったとしても、ある程度のリスクが伴います。最後に業者に依頼した場合の調整費用について知っておきましょう。

費用はどのくらい?こんな場合は業者に調整を依頼しよう

テレビアンテナにかかる費用は、シチュエーションに応じて金額が異なります。例えば、アンテナの方向が強風などによりずれてしまった場合は調整費用のみでいいですが、テレビアンテナそのものが壊れてしまった場合は、設置費に加え、撤去(廃棄を含む)の費用がかかります。

調整であれば、おおよそ3,000円~10,000円くらいが相場で、設置においてはUHFアンテナの場合、30,000円~100,000円くらいかかるようです。この金額はあくまで相場ですので、工事する業者によっては異なる可能性があります。また、立地条件などにより、どのようなテレビアンテナの仕様にするかによっても変わってくるでしょう。業者に頼む際は、事前に見積もりをもらってから行うようにしてください。

テレビアンテナの設置・調整作業はやはり高所にありますので、安全とは言い切れません。より確実な工事を求めるのであれば、費用をかけてでもプロに依頼するのが良いのではないでしょうか。

まとめ

テレビアンテナの調整は、その原因を探すだけでもそれなりの苦労があります。運良く原因がわかったとしても、高所での作業は不安定な部分が多く、電波を測定する専用の機器も必要です。素早く確実な作業を求めるならば、プロに依頼しましょう。思わぬ事故で取り返しがつかなくなるよりは、ある程度の調整費用をかけてでも業者に直してもらった方がずっとお得だと思われます。

この記事をシェアする