アンテナ工事の際に押さえておきたい!4kと8kの違い

2018年12月1日より、「新4K8K衛星放送」と呼ばれる新しい衛星放送がスタートしました。4k・8kは「フルハイビジョン放送」とも呼ばれ、これまでの地デジのハイビジョン放送を超える超高画質の映像を楽しめることが最大のメリットです。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの中継は多くがこの4k・8k映像で放送する予定であり、オリンピックイヤーの前年である今年は各メーカーから4k・8kのチューナーが内蔵された大画面テレビが販売開始しています。
今回は、新しい「4K」と「8K」のアンテナ工事の際に必要な知識として、それぞれの特徴と違いについて解説します。

解像度の違い!より圧倒的な臨場感を求めるなら8k

4kと8kの大きな違いは「解像度」です。これまでのハイビジョン放送(2K)は横1440×1080の解像度、約200万画素です。画面の大きさが同じでも、この解像度が大きいほど多くの情報が入ることになり、より鮮明で精細な画像・映像を見ることができます。

新しいフルハイビジョン放送である4Kは横3840×縦2160の解像度で画素数は約800万。単純に言えば2Kの約4倍ということになります。そして、8Kは横7680×縦4320の解像度で、画素数は約3300万で、2Kの約16倍、4Kのさらに約4倍という計算になります。4Kでも十分にこれまでのハイビジョンを超える美しい映像ですが、8Kはより大きな画面で見ることが想定されており、まるで本物を見ているかのような臨場感を体験できます。

さらに、1秒間に表示できるコマ数を表すフレームレートについても大きく変化しています。これまでのハイビジョン放送では60i=30p(1秒間に30コマ)が主流でしたが、4Kでは60p(1秒間に60コマ)となっています。単純に1秒間に表示するコマ数が多い程、動きのなめらかな映像になります。8Kでは4Kの2倍に当たる120p(1秒間に120コマ)も規格に含まれており、4Kとの明確な違いとなります。これからのテレビの評価は解像度からフレームレートに重きが置かれるとも言われており、動きの多いスポーツ競技などに対してより滑らかな映像を求めるなら8K、ということになりそうです。

画質だけでなく音響も進化しています。4K放送では映画などで使われるレベルの5.1chサラウンド、8K放送では22.2chマルチチャンネルサラウンドを採用しています。このスペックをフルに活かすには多くのスピーカーなどの音響装置が必要になりますが、設備が揃っていれば全方向から立体的な音を感じることができ、これまでの映画以上の臨場感をホームシアターで楽しめることになります。

次に4K・8Kに共通の特徴を紹介します。画素数に加えて表現可能な色の範囲も広がっています。両者ともRec.2020と呼ばれる色域を採用しており、これまでのハイビジョン放送のRec.709から大幅に表現できる色が増えました。人間の知覚できるRGBのうち特に緑(G)の方向に色域が増え、より実物の物を見るときの感覚に近づいています。
また、HDR(ハイダイナミックレンジ)と呼ばれる明るさの表現方法を採用しており、明暗の表現がより精細に行えるようになりました。逆光による影のツブレや明るすぎることによる色飛びを抑え、より肉眼に近い光の明暗を見ることができます。
加えてグラデーション(多階調)の色の表現が滑らかになります。この基準を表すビット深度と呼ばれる数値も2kの8bitから10bitに増えています。

以上をまとめると4Kと8Kの大きな違いは解像度とフレームレート、音響システムであり、色表現は共通ですが8Kの方がより精細かつ滑らかな動きと迫力のある音で映像を楽しむことができるといえそうです。

チャンネル数も異なる

4kと8kの違いとして、現行放送しているチャンネル数の違いがあります。
以下にそれぞれの放送チャンネルをまとめました。

4K/BS
NHK BS4K、BS朝日 4K、BS-TBS 4K、BSテレ東 4K、BSフジ 4K、BS日テレ 4K
ザ・シネマ4K(有料)、4K QVC、ショップチャンネル4K、wowow
※BS日テレ 4Kは2019年12月」1日放送開始予定
※wowowは2020年12月1日開始予定(有料)
4K/CS(全て有料)
JSPORTS1~4、日本映画+時代劇 4K、スターチャンネル 4K、スカチャン1~2 4K

8K/BS
NHK BS 8K

このように4K放送は未スタートのものも含めて18チャンネルに対し、8Kは現状ではNHKの1チャンネルのみということになります。もちろん今後増えてくる可能性はあります。
4K放送に関しては光回線を利用したひかりTV、フレッツ・テレビ、JCOMのケーブルテレビサービスでも見ることができます。アンテナ受信よりも対応できるエリアは多少限られますが、アンテナ設置なし(チューナーは必要)で比較的安定した電波で4K放送を視聴することができます。ひかりTVとJCOMには独自のチャンネルもあります。プランなどによっては上記全てのチャンネルが見られない場合もありますが、すでにこれらのサービスを利用してテレビを視聴している方は、視聴へのハードルが若干低いかもしれません。

推奨画面インチの違い

4kと8kを比較する上でポイントとなるのは、推奨する画面サイズ(インチ)の違いです。解像度が大きいほど精細な映像を放送できますが、受信する側のモニターのサイズが小さすぎると、その質を体感しにくくなります。そのため、4K・8K用に作られたテレビはこれまでのテレビよりもサイズが大きいです。

代表的なメーカーであるシャープの製品で比較すると、4Kテレビは45・50・60インチに対し、8Kテレビは60・70・80インチのラインナップと家庭用では最大級のサイズとなっています。シャープの8Kテレビは視聴に最適な画面からの距離を2~3メートルと想定して製作されているとのことで、視聴する部屋の環境次第では最大に恩恵を受けられるとは限りません。もちろん、これまでと同じ距離で見ても粗さが気にならなくなるというメリットは大きいので、視聴する部屋のサイズに応じた最適サイズのテレビを選択しましょう。

対応TV・チューナーの種類数の違い

さらに、視聴可能なテレビやチューナーの種類にも違いがあります。

4Kテレビは多くのメーカーから販売されていますが、8Kチューナー内臓テレビは、現状はシャープのみが販売しています。
同様にチューナー単体についても8Kに対応したものはシャープより1種類のみの販売です。チューナは必要になりますが、8Kを本来の画質で表示できる「8K対応テレビ」についても同様で、選択肢が限られてくる点には注意が必要です。

まとめ

新しい衛星放送は4k8kとまとめて表記されることが多いですが、4kと8kでは画質・音響・推奨モニターサイズ、放送局数や市場の現状などに大きな違いがあります。4kより8kの方が良いという言葉が間違っているわけではありませんが、それはあくまで画質や音響にこだわりがあり、なおかつ十分な視聴環境を整えられる場合に限られるのが現状だと思います。見たいチャンネルや番組の種類によっても選択は当然変わってくるでしょう。アンテナ工事だけでなくテレビやチューナーなどの基本的な設備も、決して安価とはいえないため、自分にとってコストに見合うだけの価値があるか?という点が最も重要でしょう。

この記事をシェアする