4k放送のアンテナ工事の内容は?どんな材料が必要になるの?

2018年から実用放送が始まった4k/8k衛星放送。我が家のBS/CS衛星放送アンテナでは視聴できないの?新しく導入したいと考えているけど、これまでのアンテナ工事とは違うの?既存のBS/CS衛星放送アンテナから4k放送を視聴するための方法や、新規で視聴するときの工事の中身や注意点を見ていきましょう。アンテナ工事をしなくてもケーブルの引き込み工事と専用チューナーで視聴する方法もあるようです。

 

4k放送のアンテナ工事の内容

スーパーハイビジョンと言われる4k放送を視聴したいときは、現在お持ちの設備次第でアンテナ工事が大規模になるのか機器の交換程度で済むのかが決まります。

新しく設置する場合はどうでしょう。対応BS/CS衛星放送アンテナの工事は、アンテナ選びからです。将来的に8k放送の視聴を考えているなら、4k/8k対応のBS/CS衛星放送アンテナを選択しましょう。テレビの台数や電波受信レベルの状況を見て対応のブースター、部屋によって2k、4k対応テレビと違うときは分波器、分配器、同軸ケーブル、チューナーから対応HDMIケーブルで配線します。

UHFアンテナ工事をした際の配線の方法と似ていますが、BS/CS衛星放送アンテナとテレビの間にチューナー、もしくはチューナー内蔵のレコーダーが入ります。チューナー内蔵テレビであれば、外付けチューナーは不要です。

もともとBS/CS衛星放送アンテナが設置されていて、4k対応テレビがある場合はチューナーかチューナー内蔵レコーダーを設置します。放送局の受信は右旋円偏波のみとなります。アンテナ工事は不要です。ケーブルテレビ局と契約して視聴する場合もアンテナ工事は不要で、対応テレビであればチューナーかチューナー内蔵レコーダーをレンタルする形で設置、視聴します。

 

4k放送のアンテナ工事に必要なもの

BS/CS衛星放送が新規の場合は、対応の衛星放送アンテナ、分配器、ブースター、同軸ケーブル、衛星ミキサー(BS混合器)、HDMIケーブルなどを使い工事を行います。アンテナを含む部品は家電量販店で揃いますが、どのように設置するかで固定金具選びも違ってきます。同軸ケーブルは4k対応のものにし、アンテナを設置する場所から部屋までの距離、配線する経路、テレビの台数などからケーブルの長さを計算し購入します。ブースター、分配器が古いときは同時に交換します。

屋根上への設置にはBS、CSアンテナ用屋根馬、壁面には壁面取り付け金具、ベランダには柵の材質に合わせた金具か天井に突っ張るタイプのポールなどを購入します。賃貸では、外壁やベランダに取り付ける際の穴開けには大家さんへの確認が必要です。ブースターの設置は、衛星放送電波受信の状況やテレビの設置台数によります。

計測器を使わずに受信レベルを調べる方法は、テレビ画面で受信強度を表示させることです。各メーカーによって対応テレビの受信レベルの標準になる数値が違いますので説明書などで確認しておきましょう。

自分でアンテナ工事を行うには、ネット上で調べた内容だけでは足りない部分がたくさんあります。アンテナの固定には建物への配慮と専門知識が必要で、なにより作業する人の安全が第一です。専門家へ任せる場合も、どのような材料がいるのか?作業の流れになるのかを調べておくと安心です。

 

4k導入の費用と注意すること

衛星放送を楽しむためにアンテナを立てるか?ケーブルテレビ局と契約するか?どちらにしても工事は欠かせません。どんな部品がいるのか、工事の内容を知らずに言われるがままアンテナ工事を行い、後々高額な費用で後悔しないよう注意しましょう。

設置の前に、衛星放送の電波を受信できる環境にあるのかを調べましょう。衛星は南南西にあるので途中に電波を遮る障害物があり受信できない場合は設置ができません。新規で導入のときにかかる費用は、衛星放送受信アンテナや部品、金具、対応テレビを持っているかどうか、設置場所を考慮し、依頼する業者の見積もり次第で値段の差が出てきます。

BS/CS衛星放送アンテナにはいくつも種類があり、どのグレードを選ぶかによります。視聴したい放送局があるなら、右旋、左旋の放送内容の違いを把握しておくべきでしょう。

対応テレビだと外付けのチューナーを別に購入しなければならないので、チューナー内蔵テレビが賢い選択になるかもしれません。番組を4k画質で録画するなら、専用のチューナー内蔵レコーダーを選択します。視聴だけでよいのか、録画もしたいのかでチューナーの選び方を考えます。ケーブルテレビ局ではレンタルするチューナーに外付けハードディスクが接続できれば、録画で視聴できるようになっています。

既存のBS/CS衛星放送アンテナのまま放送を楽しむときは、大きな工事はないもののテレビやチューナーの見直しが最低限必要になることを覚えておきましょう。

 

まとめ

BS/CS衛星放送も4k/8k衛星放送とさらに高画質の放送が始まりました。アンテナ工事が必要なのは、BS/CS衛星放送アンテナを新規で立てるときと対応BS/CS衛星放送アンテナにするときに配線を含む大掛かりな工事になります。対応テレビではチューナーを、非対応であればチューナー内蔵テレビを選択すると周囲の配線がすっきりします。

新しく衛星放送アンテナの工事を行うときの注意点として、衛星放送アンテナの種類とどこに設置するのかで部品や金具が変わり費用に差が生じること、衛星電波の受信状況によっては、アンテナが設置できない場合があることを知っておきましょう。

この記事をシェアする