戸建や新築でアンテナ工事をやる際にチェックしておくべきこと

今住んでいる地域の戸建住宅でアンテナ工事をする場合、最もチェックしておく必要があるのはその地域の電波受信環境です。
電波の送信所と受信側との間に遮蔽物が無く平坦であれば電波が強く、アンテナ設置は八木式アンテナでもデザインアンテナや平面アンテナでも大丈夫です。

しかし電波環境が良くない場合、選ぶアンテナは素子数を多くしたりブースターにより増幅などして視聴できる環境づくりが必要になってきます。

戸建でアンテナ工事をする前に・・

戸建住宅で地デジ放送を見るためアンテナ工事をする際、事前にチェックしておかなければいけない点があります。
それは、電波の受信環境をチェックしておくということです。

同じ地域と言っても山間部と平坦な地域、都市部では受信環境が異なります。
電波塔から近い所に住んでいたとしても、高層ビルの多い所ではビル陰に入ってしまい電波がうまく届きません。
電波が建物に反射して少し弱くなるため、設置するアンテナも素子数を変えて感度を良くしたり、ブースターを取り付けて受信しやすい状況を作って設置する事になります。

設置をする前に今住んでいる地域の受信環境を調べて電波の強さを測り、アンテナ施工工事をお願いする事が大切です。

戸建にUHFアンテナ工事をしてもらう

戸建て住宅にアンテナを設置する場合、八木式アンテナを屋根へ設置する事が多くなると思います。
専門業者に依頼してアンテナ工事をお願いする際の注意点は何個かあります。

まず、八木式アンテナの設置作業は屋根上の作業ですので、危険が伴います。
業者の選定前に高所作業の資格があるかどうか確認し、それまでの施工事例などの経験が多いかについても調べておきましょう。

数ある業者の中には、不十分な技量で施工する業者もいます。
そのような業者にお願いしてしますと、アンテナ工事の施工後、倒壊の可能性が出てきます。
不安を払拭する意味でも、良い業者を選ぶことが大切です。

また電波の受信環境がしっかりしている所では、八木式アンテナだけでなく、デザインアンテナや平面アンテナを選ぶ事も出来ますので、事前に考えておくといいと思います。

新築住宅でアンテナ工事をする際、注意すること

戸建ではなく新築住宅でテレビのアンテナ工事をする場合、大きく2つの事に注意しなければいけません。

1つはテレビが綺麗に映るかどうかという事です。
テレビを見るときに画像が不鮮明だったり、ノイズが入ったりと受信環境が不安定な状態では、テレビを購入した意味がありません。

そのため、アンテナ選びやブースターや分配器のような接続機器、受信機となるテレビや映像機器まで含めて施工業者と連絡をしっかり持って接続・設定まで確認してもらうようにして下さい。

そしてもう1つは新築住宅であるために家の外観です。
一般的なのは八木式アンテナですが、その見た目からおしゃれな家でも外観を損ねてしまう可能性があります。

最近では様々な種類のデザインアンテナや平面アンテナが登場しています。
目立たないように外壁に直接取り付けたり、目に触れないよう屋根裏へ取り付けたり、室内に置いたりと選択肢もいくつかあります
ので、十分にアンテナの種類を検討してから工事をお願いするようにしましょう。

戸建や新築住宅でテレビのアンテナ工事と屋内配線工事を施工する時に前もって注意して置かなければいけない事を考えてみました。

どちらにしても、アンテナ工事をする際には事前に住む地域の電波の受信環境を調べる必要があります。
電波の強さを測り、それに合わせた適切なアンテナを選ばければならないからです。
電波の弱いところでは素子数の多いアンテナやブースターを使った増幅により受信環境を整える事ができるので、事前に分かっていれば工事がスムーズに進められます。

また住民によっては住宅の外観にこだわりを持っている場合が多々あるので、外観に影響の少ない、あるいは全く無いアンテナの設置も選択肢の中に加えて置くと良いでしょう。

この記事をシェアする