正しいアンテナ設置の方法

電波

ご存知ですか?アンテナの正しい設置の仕方

アンテナ工事は基本的に業者依頼が多いため、神奈川にお住まいのお客様自身が設置に関して詳しい知識をお持ちになる必要はありませんが、それでもアンテナの正しい設置方法について大まかにでも知っておくことで、万が一トラブルが起きた際、スムーズに業者へ問い合わせられるようになります。

そのため、ここではアンテナ設置について簡単にまとめてみたいと思います。

まず基本となるのはアンテナの高さが十分であるか否かです。
地上に近いと電波を受信しにくく、高いと受信しやすくなります。

続いてアンテナの周囲環境ですが、周りに金属質のものが配置してあるとアンテナの受信が阻害されるので電波状況が悪くなる可能性があります。

最後がアンテナの向きです。
十分な電波受信をするためにはアンテナが発信局の方へ正しい方角へ向けておく必要があります。

このように、アンテナ設置のポイントを把握しトラブルに備えておくと、後々慌てることもなく済むので、覚えておくと便利です。

アンテナ工事と併せて検討「周辺環境」

神奈川県に限った事ではありませんが、アンテナ工事をする際には事前に周辺環境についてあらかじめ把握しておく必要があります。
というのも、周辺環境や天候によって電波の受信状況が変わるため、問題なく視聴できていても「ある日突然映像が不明瞭になる」というケースも起こり得ます。

こうしたケースの原因は大体決まっており、第一にお客様がお住まいの地域周辺の環境が変化した場合が挙げられます。
発信所と自宅の間にビルやマンションのような高層建築物や、送電線、鉄塔、あるいは畑のような大きな隔たりがあると途中で電波の跳ね返りが起こり、アンテナを設置していても正しく受信できなくなります。
この障害をマルチパス障害といい、その対策としてはアンテナの位置の調整が行われます。

快適なテレビ生活を送るためにも、アンテナ工事の際には周辺環境を考慮したアンテナ設置が重要となります。

新居には忘れず設置!「地デジアンテナ」

神奈川で夢の一戸建てを手に入れ、新居での生活を華々しくスタートする際に忘れてはならないのが地デジアンテナの取り付けです。
そこでアンテナ工事を考えるわけですが、このとき忘れてはならないのがアンテナ設置にまつわる注意点です。

発信局からの距離に応じて使用するアンテナにも種類があり、電波を十分に受信できる位置や高さ、向きが決まっています。
理想のアンテナ設置をするためにはやはり専門業者に依頼するのがベストで、実績豊富な業者であればUHFやBSの電波強度を測定し、最も適したアンテナを選択、設置してくれます。

加えて取り付け作業においても、新居を傷つけることがないように細心の注意を払って工事を進めるので、こうした点でも安心できます。

この記事をシェアする